弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 今年もありがとう!2015年を総括してみた!!

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
2YH2lsI
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
サイト運営者のシーンです。
いやぁ〜。2015年もいよいよ終わってしまいますね。

 

今年も1年ありがとうございました。
毎週訪問してくださる方、初めて訪問してくださる方。
本当にありがとうございました!

 

 
皆さんは今年どんな年でしたか?
最高の年であったことを願います。
また来年も良い年にしていきましょう!

 

 

 

弱虫ペダルも色々ありましたね。

 

 

2015年も弱虫ペダルは大盛り上がりの中終了しましたが、
今回は今年一年の弱虫ペダルを振り返ってみようと思います。

 

 

 

 

2015年の弱虫ペダルはまさに
ハコガク復活の年と言っても過言ではない年となりました。

 

 

 

 

 

キャプテン泉田を筆頭に、運び屋黒田、巨漢葦木場、ド迫力スプリンター銅橋、
山頂の雀蜂新開、そして山の申し子真波と、非常に個性的で強力なメンバーが揃いました。

 

 

 

 

1日目のグリーンゼッケンを全て獲ったことでも、
そのメンバーの凄さが分かるのではないでしょうか。

 

 

 

 

葦木場をはじめ、メンバーの誰もが何かしらを背負って走っていることがこの1年でよくわかりましたし、
チームのために走るもの、自分のためにはしるもの、それぞれが

上手い具合にかみ合っているのが今のハコガクだと言えます。

 

 

 

 

 

キャプテン泉田も昨年の自分へのリベンジに燃えていますし、
これだけ強力なメンバーを有するハコガクを打ち破るのは困難を極めるのではないでしょうか。

 

 

 

 

昨年の優勝チームである総北は、
色々なトラブルが発生し昨年以上の苦戦を強いられています。

 

 

 

キャプテン手嶋の頑張りもむなしく山岳リザルトは真波に獲られましたし、

スプリントリザルトも銅橋に、そして1日目のゴールも鳴子の健闘むなしく葦木場にさらわれました。

 

 

 

 

全て2位で1日目を追えてしまうと言う状況になり、
さらには1年鏑木が倒れ、手嶋も満身創痍の状態。

 

 

 

 

こうなると頼れるのは坂道、今泉、鳴子と、青八木にかかってくるわけですが、
2日目はスタートから鏑木が遅れて離脱してしまうと言う波乱含みの展開になりました。

 

 

 

 

青八木が手嶋の制止を振り切り助けに向かったことにより、
さらに総北のピンチが続くことになりました。

 

 

 

 

先頭を行く鳴子と今泉にも異変は起き、
単独で先頭を追った鳴子に対し、

 
自分の判断でメンバーが揃うのを待った今泉は、
自分の判断が間違っていたのではと自己嫌悪に陥り、

 

キャプテンの手嶋にも横暴な態度をとってしまいます。

 

 

 

今泉のメンタルの弱さが浮き彫りになる中、
唯一の功名は鏑木を救いにいった青八木が鏑木と合流できたことではないでしょうか。

 

 

 

 

少しずつではありますが鏑木の調子も戻りつつありますから、
どの時点でメンバーに合流できるのかが今後の総北の命運を左右するのではないかと思います。

 

 

 

 

京都伏見は相変わらず御堂筋のワンマンチームですが、
今年は隠し玉ともいえる岸神小鞠の登場で、戦況が大きく変わりつつあります。

 

 

 

 

 

現在2日目のスプリントリザルト勝負でハコガクの泉田と勝負をしていますが、
もしここで小鞠が勝つようなことがあればハコガクにも何かしらの不協和音が起きる可能性もあります。

 

 

 

 

 

おそらく2日目のスプリントリザルトは総北を除くハコガクか京都伏見のどちらかが獲るでしょうが、
問題は2日目のゴールを奪うのがどのチームかという事でしょう。

 

 

 

 

 

まだ2日目のゴールは先ですし、総北も今泉のメンタルの回復と鏑木&青八木の合流次第では、
十分2日目のゴールも狙えると感じていますので、この先の戦況がどうなるのかが非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

 

2016年1発目の弱虫ペダルでは、おそらく2日目のスプリントリザルトの勝負も決まると思いますので、
ますます盛り上がりを見せる弱虫ペダルから2016年も目が離せません!

 

 

 

 

 

ちなみに一番印象的だったシーンは、手嶋と青八木の「チーム二人解散」のシーンですね!!
このシーンはとても心が震えるシーンでした!!

 

 

 

弱虫ペダルも素晴らしい1年でした。
渡辺航先生お疲れ様でした!!

 

 

また来年も最高の弱虫ペダルを楽しみにしています♪

 

 

そして弱虫ペダルファンの皆様。
今年はありがとうございました!

 

是非来年も「弱虫ペダルネタバレ.net」をよろしくお願いします!

 

 

それでは良いお年を!!

 

 

追伸:

弱虫ペダル大好きというFacebookも始めました♪

もしでしたら「いいね!」よろしくお願いします♪

 

弱虫ペダルだいすきFacebookページ

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


五 × = 20

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?