弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 446話【手嶋と青八木の恋愛】447話考察

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
608239069
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル ネタバレ 446話

 

 

 

総北vs呉南の闘いももうすぐ決着!!

橋の欄干まで最後の直線!!闘いは、最終局面に突入!!

 

 

のこり400m!!

 

 

 

あと400メートルで勝負が決するところまで来ている2校の闘い。

「やった並んでる!!のこり400mで庭妻さん、浦久保さん 総北、手嶋、青八木」

呉南の東村は現在の状況が呉南有利であることに歓喜します。

 

 

 

 

最後の死力を尽くす4人。

 

 

 

必死の形相の手嶋、青八木。

 

 

 

獲物をしとめようと狂気の表情を浮かべる浦久保、浦久保の勝利を疑わない庭妻。

 

 

 

 

「勝利を確信する、広島呉南!!決着が近づく状況に総北は…!?」

 

 

現在の状況で並んでいる、、、、それが意味するものは、、、

 

 

「それは即ちボクたち広島の勝利を意味する!!」

 

 

声高々に言い切る東村。

 

 

 

 

「最終スプリントで2人の勝負になれば総北、手嶋は浦久保さんに絶対に敵わない!!」

 

 

「完璧ですよ!!この勝負!!完璧に浦久保さんの思惑通りだ!!」

 

 

「チップをかけさせクライマー手嶋に狙いをさだめ」

 

 

「バトルに持ち込みこの状況を造り出した!!」

 

 

「やり方はメチャクチャだ!だが浦久保さんの相手を仕留めるという」

 

 

「勝利への執念はすさまじい!!」

 

 

「最後まで諦めなかった者が勝つんだ!ロードレースは!!敗北は確定ですよ総北!!」

 

 

 

その時青八木の心臓が

 

 

ドクン

 

 

と脈打つのだった!!

 

 

 

 

(オレのミスだこの並ばれてる状況、、、)

(のこり800mで飛びだした時オレが少し躊躇してフル加速できなかったせいだ)

自分のミスだと判断を悔やむ青八木。

 

 

 

 

(オレに完全に迷いがなければ純太を連れてヤツらに差をつけることができた)

(そのはずだった・・・すまない純太・・・)

 

 

膝をかばう青八木の姿を見て

 

(青八木…ヒザが…)

 

 

と今の状況を判断する手嶋。

 

 

 

 

そして手嶋は青八木に向けて

笑顔を浮かべるのだった、、、、

 

 

 

そして勝負の決着まで残り300mをきった!!

 

 

 

 

「すまねェ青八木!!ムリさせちまって!!けどもう少しだあと150mだけ引いてくれ」

「そっからオレはスプリントするそしたら、、、ゆっくり休んでくれ」

「ありがとよ ここまで引いてくれて」

 

そう青八木に伝える手嶋。

 

 

 

 

そんな手嶋の声に対し

(純太、、、笑ってる声でわかる)

(何で笑うんだ、、、何でそうやって笑うんだ純太)

(オレはいつも…お前のその明るさに心救われるんだ!!)

と、その笑顔と声で手嶋と出会ったころのことを思い出すのだった。

 

 

 

 

 

青八木は自分のことをこう語る

 

 

(オレは暗い)

(昔からそう言われてきたし自分でもそう思ってた)

(1人で練習できるという理由で始めた自転車もレースは1人でエントリーして1人で出てた)

 

 

過去、青八木は1人で練習しレースもたった一人で行うという孤独の中自転車競技を行っていた。

 

 

 

 

「えっ、

エントリー用紙?

次のレースも出るってこと?

、、、え?」

 

 

全く喋らずエントリー用紙を提出する青八木に困惑する受付。

 

 

 

「・・・」

 

 

エントリーシートを出す際も無言。

 

 

 

受付に

「しゃべって」

と言われても青八木は相変わらず

 

 

「・・・」

 

 

と無表情で無言のまま。

 

 

 

 

(誰のアドバイスもないからいつも前半トバしすぎて後半でおいていかれるそんな調子だった)

「お前があそこでいったからさ」

「あーあははキツかったよなーあの坂」

レースが終わった後仲間と談笑する子供たち。

 

 

 

その姿を見て青八木は

(今日のレースキツかった坂の話しをしてる ちょっと楽しそうだ 話しかけてみようか、、、)

と話しかけるかどうかでドキドキしていた。

 

 

 

 

しかし、、、、

(…やめとこうオレたぶん何も話せない)

と結局あきらめて話しかけるのを止めてしまう。

 

 

 

(オレ暗い上にマジメだから話つまらないってよく言われるんだ)

 

(ハジメじゃなくて)

【マジメ】

 

(、、、、って)

(密かにクラスで言われてる、、、高校入ったら部活入るか、、、総北は自転車部があったな)

 

(そしたら、、、誰かと自転車の会話できるかな)

 

 

 

淡い期待を込めて総北自転車部に入部した青八木。

そしてそこで運命の出会いをする!!!

 

 

 

(そこで純太と会った)

 

 

 

「キミけっこー登るね見てたよ オレ南中出身の手嶋純太キミは?」

青八木に笑顔で話しかける手嶋。

 

 

 

 

そんな手嶋の問いに

「…青八木は…いちばんのいちだ」

と恥ずかしそうに答えるのだった。

 

 

 

(純太はよく話しかけてきたこっちが照れるくらいに、、、)

フレンドリーに話しかけてくる手嶋。

 

 

 

「・・・っつのはやっぱ優勝だろレースでの!!だよな  一回でいいから優勝とってみてーな」

そう話す手嶋に

 

 

青八木は相変わらずの無言でこくっと頷くのだった。

 

 

 

その姿に手嶋は

「だよなっ」

と返した。

 

 

 

(オレは言葉を返せなかった なぜかウマが合ったのか 純太はいつも笑っていた)

 

 

「あの日のフォレストレースお前もでてたのか あの坂やばくなかったか!?斜度10%つづいてさ」

 

 

 

前に出たフォレストレースのことを話す手嶋と青八木。

 

 

 

無言でこくっと頷く青八木。

 

 

そして笑顔で話す手嶋のことを

(よく…笑うやつだ)

と感じるのだった。

 

 

 

 

「4組の東戸てのもやってたんだよ自転車」

無言の青八木に対し手嶋はお構いなしに笑顔で話しかけた。

 

 

 

「ハーハーッキツかったワ マジきつかった今日の練習なァ、青八木」

練習後そう話しかけてくる手嶋に対し、

意を決して青八木は、、、

 

 

 

(オレはきいた)

「オ、、、オレとばかり話して退屈じゃないのか、、、手嶋」

その問いに対し手嶋の答えはこうだった。

 

 

 

 

「いやぁ、お前マジメにオレの話を聞いてくれるだろー オレは楽しいぜ!?」

思わぬ返しに無言になる青八木

 

 

「・・・」

そしてその言葉が嬉しくて照れるのだった。

 

 

 

 

(オレはいつも純太にパワーをもらった 1年のインターハイの後、オレ達はチーム2人を結成した)

 

 

 

ついに

 

結成された

 

チーム2人。

 

 

 

「だったら2にするか」

そう手嶋に話す青八木。

 

 

 

(そして純太はオレを5回もの表彰台に送りこんでくれた)

(自分ばかり表彰台に上がって申し訳ないと何度か謝まった事がある)

(けどその度、純太は・・・)

 

 

 

「いやぁ、オレ達の力でやれるって事を証明できたんだ オレは満足してる 嬉しいよオレは」

そう言って青八木の表彰台のことを自分のことのように満面の笑顔で喜んだ。

 

 

 

 

(笑ってくれた喜んでくれた)

(その度、オレは心が熱くなって)

(一つずつ強くなれていった気がした)

(何度もお前の明るさに救われたんだ)

(迷い、悩み、くすんでいる時)

(いつも純太 おまえは側にいてくれた 笑っていてくれた)

(自分をいつも犠牲にしてオレを勝たせてくれた)

 

 

手嶋に対して感謝しかない青八木。

 

 

 

 

【おまえだけでもチームに合流してくれ】

さっきの手嶋の言葉を思い出す青八木。

 

 

 

(さっきだって…オレの事ばかり案じて、、、)

 

 

【ありがとよここまで引いてくれて】

 

 

そう言った手嶋の言葉に

(ありがとうはこっちのセリフだ)

と青八木は心の中で思うのだった、、、、

 

 

 

 

「のこり200m!!」

 

 

(純太、オレはお前に勝ってほしいんだ!!)

 

 

 

手嶋の勝利を本気で願う青八木。しかし現実は時に残酷であり

その思いとは裏腹にズキッと青八木のヒザが痛むのだった!!

 

 

 

 

(願いがもし叶うなら

残り200mの間だけ

この痛み消えてくれ!!)

 

 

(オレはまだ純太に

このインターハイを

走ってほしいんだ!!)

 

 

膝の痛みにジレンマを感じる青八木。

 

 

しかし痛みをおして加速を始めるのだった!!

全ては手嶋の勝利のために!!!

 

 

 

 

 

 

雄たけびをあげながらペダルを回す青八木。

 

 

 

そんな青八木の姿に手嶋も

 

 

 

 

と叫ぶのだった。

 

 

(だけどそれも叶わないのか)

痛みが治まらずスピードも上がらない青八木。

 

 

 

そんな青八木に手嶋は

「行ってくる!!幸運を祈っててくれ!!」

と伝え飛び出した!!

 

 

 

その時呉南にも動きが!!

 

 

 

 

今じゃ出ろ!!優策ゥ!!

橋の終わりのラインまで残り150m!!」

「最後のスプリント開始じゃ!!」

 

 

その庭妻の声に反応し浦久保も飛び出した!!!

 

 

 

 

最後のスプリントに飛び出す手嶋と浦久保。

 

 

 

 

「力の差は歴然じゃ!!優策!!

お前の空気を切り裂く走りで勝ってこい!!優策!!」

 

 

 

 

浦久保のほうが力が上だと言い切る庭妻。勝利を疑わない庭妻の表情。

そして浦久保の背中を押し出すのだった!!

 

 

 

「純太ァ!!」

叫ぶ青八木。

 

 

 

(終わりなのか もう勝つ事はできないのか純太が)

一瞬弱気になる青八木。

 

 

しかし

(いやダメだ、

まだ探せ  

ギリギリまで諦めるな)

 

と金城の顔を思い浮かべるのだった。

 

 

 

 

金城はいつも諦めなかった、、、

望みがある限り可能性を探す男だった。

 

 

 

「諦めたらロードレースは終わりなんだ!!」

そう叫び手嶋の背中に手を置く青八木。

 

 

 

「純太ァ!!

 

絶対にあきらめない!!

 

それが

 

チーム総北の

 

・・・!!」

 

 

 

そう言いかけた瞬間、何かに気付きハッとした表情になる青八木。

 

 

 

「純太、1つアイデアが浮かんだ」

そう手嶋に伝える青八木。

 

 

 

その声に

「え!?」

と困惑の顔を見せた手嶋。

 

 

 

 

青八木はそんな手嶋に

「説明してる時間はない実行する!!」

 

 

 

と言い、思いついたアイデアを実行に移すのだった!!

残り150m、

絶望的な状況の中で見えた一筋の光明!!

 

 

 

果たして青八木のアイデアは

浦久保に勝つための切り札となるのか!?

 

 

 

続きはこちら

弱虫ペダル ネタバレ 447話【手嶋と青八木 最後戦い】


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 8 = 一

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?