弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 393話【総北 天国と地獄】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
今週も弱虫ペダル最新号が発売されました。

今週は393話です。

 

 

前回のあらすじは、
御堂筋が熊本第一をバラバラ事にしてしまうという
インターハイ史上最高のミステリーになってしまいました。

 

 

今週は一体どのような展開になっていくのでしょうか。
楽しみですね!

 

 

弱虫ペダル 393話

 

インターハイ二日目山岳ステージ。

 

 

 

ついに先頭を捕えた総北チーム!!

念願の真波との勝負に坂道も笑顔でペダルを回すのでした!!

 

 

 

「黒田さん今度はビンゴだ!熊台のそれとは明らかに違うプレッシャー、、」

「これが、、言ってたあれか。ボロボロになりながらもしつこく食い下がる つぅ」

「チーム総北!!」

初めて目の当たりにする総北の底力としつこさに驚愕する銅橋。

 

 

 

 

「落ちたはずだ総北、、抜いたんだ確かに  最初の登りで」

「何やったんだ 追い付いてくる可能性なんてほとんどゼロだ」

「細っせー糸でもたぐったかよ!!」

あり得ないシチュエーションに焦る銅橋。

 

 

 

 

「そして!なんですてめぇがそこにいるんだ オレンジ!!」

確かに落ちて行ったはずの鏑木の姿に驚き叫ぶ銅橋。

 

 

 

 

「オレには神様がついてるんだよ!ブタ!!」

完全復活した鏑木が銅橋に言います。

 

 

 

 

そして

ほぅるあ!!追い付いたァ!ハコガク、京伏!!」

「これで」

「ふりだしだ!!!」

もうダメかと思われた総北の完全復活!!

 

 

 

 

鏑木も

「しゃぁるあ!!」

と喜び雄たけびを上げます。

 

 

 

 

「ち!」

(マジで追い付きやがった総北!)

一瞬焦りの顔を見せた黒田。

 

 

 

(総北!)

まるで来るのが分かっていたかのような泉田。

 

 

 

(ふりだし、、、)

真波が神妙な顔で坂道を見ます。

 

 

 

 

「追いついたよ真波くん!!」

瞬時に真波の横に並ぶ坂道。

 

 

 

 

それを見た銅橋は

(あいつ!メガネ  合流したかと思ったら一息で真波と並びやがった!)

(すげぇ!)

と坂道のスピードに驚きます。

 

 

 

 

「やあ!来たね坂道くん!!」

真波も嬉しそうに坂道を迎え入れます。

 

 

 

 

「許可をもらったよ二日目の山 今!」

「この登りボクはとびだしていいって 山岳賞争いしてこいって!」

 

 

「できるよ勝負!!いこう真波くんあの山の、、、」

「一番上まで!!」

勝負を楽しみにしていた坂道が真波に語りかけるのでした。

 

 

 

 

(勝負、、!そうか一番くんは勝負をするために登ってきたんか)

(インターハイで勝負を楽しむ余裕が、、)

(やっぱりオレよりはるかにレベルの高いとこにおる)

京伏の山口が坂道とのレベルの違いを痛感します。

 

 

 

(けど)

(せっかく登ってきたのに、、)

(残念やな、、今のこの状況は、、)

 

 

山口の言った状況とは、、、果たして!?

 

 

 

 

 

その時真波からも驚きの言葉が坂道に告げられます。

「ごめんね坂道くん。たぶんキミは、、」

「オレとは闘えない」

 

 

 

 

「え!?」

意味が分からず驚く坂道。

 

 

「さっき一年生の彼が言った ふりだし 」

「引き離された先頭を追ってつかまえて有力な全員が揃ってスタート状態に戻したって意味だ」

「だけど」

「今のこの状況は 残念だけどふりだしじゃないんだよ 坂道くん」

その言葉の意味がまだ分からない坂道。

 

 

 

そしてその時この場の異常に気付いた人物が2人。

 

 

 

!!

 

 

何かに気づいた手嶋。

 

 

そしてすぐ

「気づいているか今泉」

と今泉に話しかけます。

 

 

 

「はい!!」

とその場の異常に気づいていると返事をする今泉。

 

 

「純太!」

青八木も以上に気づき手嶋に声をかけます。

 

 

 

「ああわかってる!!」

「熊台がバラバラになってそれを追い抜いてその先が塊になっていたから一瞬気づかなかった!」

まだ気づかない鏑木に対し声を荒げる手嶋。

 

 

 

バカヤロウよく見ろ鏑木!数えてみろ各チームの人数を!」

「人数が足りない!!」

「ここは」

「先頭じゃない!!」

手嶋の言葉に初めて異常に気付いた鏑木。

 

 

 

え!え   てことは ど、、前に!?ここより前にとびだしてるってことすか!」

手嶋にそう聞き返す鏑木。

 

 

 

 

「ハコガク二名   京伏が三名足りない」

「少なくとも」

「五人の選手が前にいる」

 

 

「しかもその中に、、、」

「新開!  葦木場!  御堂筋!」

「チームの有力選手が含まれてる!!」

 

 

「各チームがすでに動いた後だ!!」

一歩遅かったことに気づいた手嶋。

 

 

 

 

その頃坂道は真波の言葉に困惑していました。

「えっ ふ、、ふりだしじゃないっ、、て、、」

 

 

 

その言葉に対し真波は

 

 

「何時間にもおよぶレースの中でほんの数分数秒タイミングが合わなかっただけで」

「思い通りにならない」

「できるはずのことができない、、、」

「それがロードレースなんだよね」

と答えます。

 

 

 

「あ、、え、、何、、言って、、まな、、」

 

 

言葉に詰まる坂道に

「大丈夫」

「そのうちきっとその逆もあるよ」

と真波は笑顔で答えるのでした。

 

 

 

 

そして総北キャプテン手嶋が動きます。

「今すぐ動けるか今泉」

今泉に指示を出す手嶋。

 

 

 

そして

「はい!」

と答え動き出そうとする今泉。

 

 

 

 

「小野田ぁ!!」

手嶋が険しい表情で、非情な決断をします。

 

 

 

「あ は  はい」

返事をした坂道に言い渡されたのは、、、、

「オーダー変更だ」

という新たな指示だったのでした。

 

 

 

「え」

坂道の楽しみにしていた真波との勝負は、、、

 

 

 

 

実現できなくなってしまうのか!?

 

 

 

思わぬオーダー変更を迫られた坂道はその変更を受け入れることができるのでしょうか!?

 

 

 

 

風雲急を告げる山岳ステージ!!

 

 

まだまだ何が起こるか分からない情勢です!!

 

 

続きはこちら!

→弱虫ペダル ネタバレ 394話【小野田ついに動き始める!】

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

    • YUUYA
    • 2016年 3月 30日

    鳴子が微妙に無視されている感じですねww
    恐らく先頭集団についているのでしょう。

    それにしても熊台、藤原・井瀬…もちぎられてしまったのでしょうか(泣)

    果たして手嶋のオーダーは?
    今泉と小野田で先頭を追うのでしょうか?

    そして先頭集団は?
    箱学のクライマー充実していますね。新開と葦木場…
    人数的には有利といえ、御堂筋にこの強力クライマーと戦って勝算はあるのでしょうか?

    今週も目が離せません!

      • 弱虫ペダルファン
      • 2016年 3月 31日

      YUUYAさん
      コメントありがとうございます!

      たしかに鳴子の名前が一度も出なかったですね(汗)
      総北メンバーが奇跡の追いつきを見せたのになぜ鳴子のことは取り上げられない!?
      次週のお話で鳴子に仕事ぶりに期待したいですね。

      インターハイいよいよ面白くなってきましたね♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。


七 × = 42

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?