弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 331【手嶋純太、この男凄すぎる!!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
BgIK-1XCEAA28UH
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル331話のネタバレと感想です。

 

前回の内容はこちら!
⇒弱虫ペダル ネタバレ 330【手嶋VS真波山岳賞はどっちが取った!?】

 

 

 

クライマーの勝負は残酷である。
ただそれゆえ一片のくもりなく、、、勝者は輝く!!

 

 

 

ついに激闘の山岳賞争いにピリオドが打たれました。

 

 

いろは坂を制したのは、箱根学園ゼッケン13番!!
新しい山神 真波山岳選手ーーー!!!

 

 

山岳賞を獲った真波の名前が放送されます。

雄叫びをあげる真波。
初めて見せるその表情はそれだけ勝負がきつく過酷だったということの証かもしれません。

 

 

 

叫ぶ真波を初めて見たという箱学の生徒たち。
確かに常に飄々としていて感情をあまり表に出さない真波ですから
これほどまでに感情をむき出しにしている姿は珍しいのかもしれません。

 

 

はねのけました。やりましたよ東堂さん、、、、

天を仰ぎ、箱学の3番のプレッシャーをはねのけたと東堂に心の中で報告する真波。

 

やはり箱学のエースクライマーのプレッシャーは
計り知れないものだったのでしょう。
やっと解放され安堵の表情を浮かべる真波。

 

 

と、どかなかっ、、た、、、、一番に、、、

下を俯いたまま顔を上げられないほど消耗している手嶋。

 

出し尽くした、、そう、手嶋は自分のすべての力をつぎ込んでま真波に挑んだわけです。

ライン数メートル前までは並んでいた。しかしかわされた、、、

 

 

ギリギリの瀬戸際で全部出し尽くしてなおもう一踏みできるのが、、才能。

 

 

努力では才能に勝てないと理解する手嶋。
改めて才能というものの凄さに感服した表情を浮かべます。

 

 

負けたことに対しての悔しさは有るでしょうが、
何故か表情はそれほど暗くない手嶋。

 

 

その時真波が手嶋に近寄り

「ありがとうございました。待ってくれて」

と声をかけます。

 

 

「言っただろ、ありゃあティータイムとってただけだ」

 

そういって待ったことはあくまでもティータイムだと言い張る手嶋。

 

 

変なとこ強情で不器用な手嶋。
なんだか今回のインターハイで一気に好きなキャラの上位にランクインしましたよ。

 

 

正直坂道よりも今は手嶋のことが好きですね。
こんなにがむしゃらなキャラは久々に見ましたし。

 

 

「ただどんなやつでも真面目に自転車やってるやつは、オレは自転車の上では平等であってほしい」

 

 

手嶋は真波にそういって語り続けます。
まさに名言ですね。

 

勝負の最中で何かトラブルがあったとしても
トラブル抜きで勝負をしたい、、、
そういった自転車の真っ直ぐな性格が滲み出る言葉ですねこれは。

 

 

そう思ったら勝手にブレーキかけてた、、
そう語り待っていた理由を明白にした手嶋。

 

 

平等とか甘いこというから凡人だって言われんだよな、、
そういって自分自身を卑下します。

 

 

「手嶋さん、あなたは強かった!!」

 

自分を卑下する手嶋に向かってそう叫ぶ真波。

「普通は待たない、残り300メートルで。誰だって勝利は欲しい、目の前にあるクライマーの勲章が!!」

 

確かに普通は真波の言うとおり、絶対に待つ人はいないでしょう。
あの時点で待っていなければ100%手嶋が山岳賞だったわけですから。

 

 

「なのに止まった、誰にもできないことをできる人は強い人です!!!」

 

真波はそれでも止まって待ち、
勝負を挑んだ手嶋のことを強い人だと言いました。

 

 

そうですね、手嶋は自転車選手としては弱いのかも知れません。
勝負に徹しきれない真面目な性格、どうしても自転車を裏切れないという信念。

 

 

今回の負けは、そういった手嶋の真面目さが生んでしまった敗北だと言って間違いないでしょう。

 

 

しかし選手としては弱くても、人間として心の強い人だと思いました。
だからこそ総北を引っ張って行くにふさわしい人物なのでしょう。

 

「持ち上げんなよ、俺は弱い」

 

 

そう言い真波の言葉に少し照れくさそうにする手嶋。

激闘が終わった後の二人の間には、
闘ったものにしかわからない奇妙な繋がりが芽生えているように見えました。

 

 

その頃サポートカーの中では速報の順位が知らされていました。

手嶋が2位。それを聞き喜ぶ総北の車内。

 

 

メカトラがあったから2位になれたのかと語る段竹の言葉に、杉本は違うと反論します。

 

 

 

手嶋ががんばって真波にしがみついたんだと、
努力でもぎ取った2位なんだと語り、涙を流す杉本。

 

 

なんだか杉本も成長したなと感じました。
インターハイの選手を決めるレースでの頑張り、
あの頃から杉本も本当の総北の選手になったと感じましたね。

 

 

 

一位を獲り喜ぶ箱学。
これで平坦も山も箱学が獲ったということになります。

 

士気のあがる箱学メンバー。

一方手嶋の二位を知った総北のメンバーは、、、、、

 

落ち込むどころか手嶋がすごいと感じていました!!
確かにほんの少しの差で真波が勝ったわけですから、
そこまで真波を追い詰めた手嶋の凄さを感じたようです。

 

 

今泉は手嶋のことを「有言実行努力の男、手嶋純太だ!!」

と語り、手嶋の努力を称えるのでした。
手嶋の頑張りを知りこちらも士気が上がったようです。

 

 

その頃山を下り始めた手嶋に異変が起きます。

力を出し尽くして自転車がふらつき始める手嶋。

もはや漕ぐ気力も残っておらず、力なく倒れていきます。

やっと横になれる、、マジ出しきった。今横になったら多分起き上がれない、、、

手嶋自身も自分の状態を分かっているようです。

すまない今泉、鳴子。あとは頼んだぜ青八木、、

一日目でリタイアか

やっぱ弱いなオレ。

キャプテン失格だ

けどもう

悪い

動かない

五人になっちまうな

すまない総北、、、、

そう考えながら手嶋は自転車から手を離し倒れていくのでした、、、、

しかし

そこにあらわれたのが坂道!!!

4分半もの差があったのに、ついにここまで追いつきました。しかも手嶋が倒れる寸前で!!

間に合ええええええええ!!!!!!!!!

叫びながら手嶋の横に入り込む坂道!!

倒れそうな手嶋の手を取り、その体をを支えた坂道。

 

 

鳥肌ものです!!このシーンは本当に鳥肌が立ちました。
多分来るんだろうなとは思っていましたが、このタイミングで来るところが素晴らしいです。

 

間に合いました。手嶋に向かってそう語る坂道。

 

なんでお前がここにいるんだと聞く手嶋に対し

「手嶋さんを応援しにきました」

と答える坂道。

「それと、、ボトルを渡しに。」

そうです、このボトルには総北メンバー全員の気持ちが詰まってるんです!!

たってる

まだ進めるってことか

坂道が来たことにより、倒れずに済んだことを感謝する手嶋。

諦めかけた心にまた小さな灯がともりました。

 

 

支え会うチーム、、、それが総北。

改めて総北というチームの素晴らしさを身を以て実感した手嶋なのでした。

「助かったよ小野田。もう少し走ろう」

 

そう坂道に言い、ボトルの水を浴びる手嶋。
そしてまたペダルを漕ぎ始める手嶋と坂道。
その姿を見つめる真波の表情にも何故か笑顔がこぼれているのでした。

 

 

平坦は銅橋が、山は真波が獲った!!残るはゴールだ!

 

 

箱学の泉田がついにその動きを始めようとしています。
平坦も山も獲り、あとはゴールを獲るだけ。

 

 

王者箱学が、昨年の負けで奪われた誇りを奪い返す日が来た!!
という事でしょうか。

 

ついに箱学vs総北の1日目のゴールをかけた勝負が始まろうとしています!!

 

 

果たしてゴールを奪うのは箱学か総北か!?
それとも、、、、不気味に後ろを走る京都伏見なのか!?

 

 

続きはこちら!

⇒弱虫ペダル ネタバレ 332【ついに動き出した絶対王者箱根学園】

 

 

 

弱虫ペダルについてあなたの感想をお聞かせください!
弱ペダをさらに盛り上げましょう♪

コメントをどうぞ♪

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


1 × 七 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?