弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 380話【小鞠 男性肉への異常な欲望】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
bsBO151030535008
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今週も愛する弱虫ペダルの最新話が少年チャンピオンで発売されました!

 

さっそく弱虫ペダル380話のネタバレをしていきます!

 

 

 

弱虫ペダル 380話

 

 

京都の町外れにある大きな屋敷で育った岸神小鞠。

 

 

その家では物事や所作はむやみに
他人に見せていいものではないと教えられ育ったのでした。
楚々と振る舞い静心を持ち自分の感情など、、、、

つつみかくせ  と。

 

 

 

小さな頃から本が好きだった岸神少年は本の中の空想の世界に生きる少年でした。
強きものに惹かれ謎に心踊り切なさにドキドキする、、、

よくいる読書少年だったのでした。

 

 

 

しかし
唯一つ違っていたのは
血の通う「ヒトの体」に対し
すごく興味があると言う点でした。

 

 

 

この頃からすでに現在の筋肉(にく)に執着を持つ岸神小鞠の姿が見て取れるのでした。
そして小鞠少年は中学生になり
あの御堂筋と出会ったのでした。
スポンサーリンク

この出会いから休息に岸神小鞠の異常性ともいえる筋肉(にく)への執着心が加速していきます。

 

 

 

「なぁキミィ 昨日もきとったね その前の週も」
おもむろに小鞠に話しかける御堂筋。

 

 

その問いに対し

「やっ あ あ 」

としか答えられないまだ純粋な岸神小鞠。

 

 

 

そんな小鞠に対し

「ロードレース好きなん?」

と聞く御堂筋でしたが
「ロードレースじゃなくて」
(にく)
と心の中で考え

「いえ なんでもありません」
と答えを返す小鞠なのでした。
どうやら小鞠は御堂筋の「にく」に興味があるようで

それを悟られないように読書を装い毎週来ている模様です。
ダメだ
言ってはいけないんだ このことは知られてはいけない、、、

親にも言ってない 姉さんにも言ってない

「触れたい」

だなんて、、、、

 

 

 

自分の感情と欲望が徐々に抑えきれなくなっている小鞠少年。

 

 

 

楚々と振る舞い 静心を持ち 自分の感情なんか
つつみかくさなければいけないんだ
そう何度も自分に言い聞かす小鞠少年。

 

 

 

初めは本当に本を読むために場所探しをしていただけだった小鞠。

 
しかし

その場所で出会ってしまったのが

「自転車レース」

 

 

 

そしてその自転車レースに、
いやそのマシンを操る選手の筋肉(にく)に魅了されていく岸神小鞠
(自転車競技、、、他のスポーツとは違う)
ゴール前の動き 筋肉の動き 体の動かし方まで
あんなに前傾で行なうスポーツは他にはないしあんなに全身を使う運動も他にはないんじゃないだろうか
自転車競技が頭から離れない小鞠。
あの踊る筋肉を いろいろな筋肉を あのスピードで

この手でもし触れることが出来たなら、、、、

 

 

 

そう考え始めながらも、くだらない妄想はやめようとおもう小鞠。

 

 

 

妄想と現実の狭間で揺れ動く心。
そしてもうあの場所には行かないと誓うのでした。
しかし
気がつけば雨の中自転車競技場へ来ていた小鞠。
(雨の中でもやるんだ自転車、、、、いや、、ボクはやっているかどうか確かめにきただけ)
(そうなんだ ボクは、、、)
そう考えている目の前に現れたのは御堂筋。

 

 

 

 

それに気づく小鞠。

そして自転車に興味があるのかと他の選手に声をかけられ
「興味ないです」

と言い残しその場を去る小鞠。

 

 

 

たどり着いたのは御堂筋の真後ろの場所。

「キミィか」
話しかける御堂筋。

「はい ボク岸神小鞠っていいます」

今度は心の準備が出来ていてきちんと返答をした小鞠。

 

 

 

「ロードレースって雨の中でもやるんですね」
そう話しかける小鞠に
「本読みに来とるんやなかったの?陽あたりいいから来とるんやなかったの?」
と確信を付くような言葉を投げかける御堂筋。
「あ」

と思わず言葉に詰まる小鞠。

 

 

 

「今日  雨やよ」

そう言われた小鞠は思わず
「え や、、 ロ ロードレースって雨の中でもやるのかなぁって思ってですね、、、、」

と弁解をしようとしますが

「ロードレースには興味ない言うとったやないの この間」
と返す御堂筋。

 

 

 

そう言いながら振り返った御堂筋の目は

一片のウソもない純粋な目
そしてその目で御堂筋が発した言葉は

 

 

「キモ  キミ  キモいな」
でした。その目を見、言葉を聞いた小鞠は感じます。
(ボクとは間逆だ この人に嘘はないんだ ボクは嘘ばかりだ ボクは本心を明かさない)

(もう終わりだ、、、、)

(御堂筋さんは何より この自転車パークで一番だった)

(いや 全国で一番かも知れない)

(手足が長く無駄の無い美しい四肢 それに肉づけされた十分で必要なだけの筋肉)

(他の人とは格が  レベルが違う)
そしてその姿をみた小鞠が感じたのは
「あの人  美しい」
という感情でした。
御堂筋に魅了され通うようになった自転車パーク。
そしてその御堂筋から小鞠に対しある言葉が投げかけられます。

「そうして下向いて頭下げただめじゃ何もみつけることはできんよ?」

「そのメガネダテやね うわべだけのとりつくろいや ごまかしばかりやりよったら」
「真実は見えてこんよ?」

小鞠の心をえぐる様な一言。
そして
「何かを見つけたいと思っとったら 外しや そんな装飾 飾りは」

と告げます。
「真実がほしいならそのために差し出さな」
「全てを 己自信を!!!」
その言葉でついに秘めていた感情が爆発する小鞠。

 

 

 

(いいのかボクは 本当にいいのか 今から開けてしまうかもしれない)

(開けてはいけない    包みを、、、、)
そしてついに
御堂筋さん 

ボクはあなたの筋肉を間近で触りたい!!!どうすればいいですか!!」

と叫んだのでした。

 
その言葉に驚きもせず
「、、、、、ホゥ」
とだけ答えた御堂筋。

 

 

 

ついに開かれた開けてはいけない包み。小鞠の心の内がついに解放されます!!
そして怪物 岸神小鞠誕生のカウントダウンが始まったのでした!!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


7 × 六 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?