弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 379話【完全にBL(男好き)な小鞠】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
eFP06Ypx
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
今週も弱虫ペダル最新話が発売されました。

今週の少年チャンピオン弱虫ペダルは379話です。

 

ついに本気を出した泉田。
泉田の肉を見れなくなってパニくる小鞠。

 

今週号もおもしろい展開になりそうです!!

 

 

弱虫ペダル 379話

 

最速の槍と化しグングンスピードを上げる泉田。
その泉田にどんどん話されていく京都伏見の岸神小鞠。

 

 

 

もはやこれまでか、、と思った瞬間、小鞠の秘策が飛び出したのでした!!
サングラスをくるくる回す小鞠。

それには実は意味があったのです。
「サングラス、、、別名 目の服(アイウェア)」

 

 

 

 

「アイウェアは紫外線やとび石から眼球を守ることが役割。けどそれだけじゃない」

「偏向グラスは光の乱反射を防ぎあざやかな景色を作り出す」

「細部まで、、みずみずしく、、生々しく輝きを増して、、、」
「映し出すことが出来るんだ!!!」

「その景色を、、、、筋肉(にく)を!!!」
サングラス越しに広がる景色は、まさかの、、、、一面に咲く花!!
あはっ あは!!お花だ。まるでお花畑だ!!」
「お花畑の向こうに、、、なまめかしく光り輝く筋肉(にく)が見える!!」
「筋肉(にく)  あっぱァ!!!!」

 

 

 

そう叫ぶや否や急激に加速を始める岸神小鞠。
「お花畑には、、、、誰しもかけだしたくなるものだ!!」

 

 

 

そう言いながら加速の度合いが増していく小鞠。

 

アイウェアをかけたとたんにまるで人が替わったかのような超加速!!

人間の運動時の判断する情報源は85%以上が視覚だといわれている。
その視覚に作用するアイウェアを装着した、、、、、

 

 

 

情報源の85%以上が劇的変化をとげたなら、、、運動に変化がおこることだって
十分にありうる!!!

 

 

 

まさにその劇的変化による運動の変化が岸神小鞠におきているわけです。
「花  筋肉(にく) 花 筋肉(にく)!!」
「花      筋肉(にく)!!!」

そう叫びながら狂喜の表情で泉田に迫る小鞠。
そして、、、、

「花!!」

 

 

そう叫んだときにはすでに泉田の背後まで迫っていたのでした。
それに驚く泉田。
(何!!これ程近くまで!?)

(さっきあれ程離していたというのに この男、、、一体!!)
岸神小鞠の変貌に動揺をする泉田。

 

 

 

そして小鞠が口を開きます。
「あっは 見える くっきり見える 間近に、、、」

筋肉畑(にくばたけ)だ!!」

眼前に広がるのは泉田の筋肉と花景色。

 

 

 

その言葉に対し

(「にくばたけ」とは!?更に差を縮めてきた岸神小鞠!!)
と思う泉田の姿。

 

 

 

「やっぱり躍動している筋肉(にく)が一番美しい 汗 収縮 緊張感!!」

「特にあなたの筋肉(にく)は美しいですよ泉田さん!!」

 

ハァ、、、ハァ しかもこの究極のスプリントバトルの中でのこの筋肉(にく)の躍動は、、、、」

「もう二度と見れないかもしれない!!]

 

 

 

そういいながら泉田のふくらはぎの収縮を光悦の表情で眺める小鞠。

 

 

そして
(すいません御堂筋さんアイウェアをつける時は、、、、)

(ライン手前1キロすぎてからにしいや とっておきっていうのはギリギリまで)

(て言われてたのに、、、、)
(1キロよりも前に装着(つけ)ちゃいました!!)
ここで

スプリントラインまでのこり1キロ!!!!
のコール!!!

 

 

 

スプリント勝負も佳境を迎えつつあるのでした!!
離されていたのにハコガクの泉田にぴったりついて離れない岸神小鞠。

 

 

 

沿道の観客もそのスピードに驚愕しています。

 

 

 

「あっぱぁ!!!」

叫ぶ小鞠とその姿に焦る泉田。
(く!!ボクの「最速の槍」についてきている!!そんな男がいるだなんて!!)

(幻か!!いや事実!!この男、、相手によって自分の限界値を自由に上げることができるのか!?)

そう考えながら小鞠をチラッとみる泉田。
(普段はプレッシャーを抑えてひっそりと走っているが相手が強くなればなるほどプレッシャーをはね上げついてくる!!)

(そのプレッシャーは限界を知らない!!岸神小鞠!!)
相変わらず狂喜の顔でにく、花と言いながらついてくる小鞠。
そのとき泉田のアンディとフランクがビクンと脈打つのでした。
「ああわかっているともアンディフランク

 

「だからといってひるまないさボクは どんな敵であってもね!!「圧勝」が「接戦」にかわるだけのこと!!」
そう言い自分の勝利は揺るがないと考える泉田。

 

 

 

すると小鞠が
「あれ さっき言いいませんでしたっけ?筋(にく)の動きでわかるんですよ、、、」

「この勝負ボクが勝ちますよ!?」

 

 

 

と自分の勝ちだと泉田に告げます。

 

 

しかし泉田は

「筋肉(にく)の動きで勝敗がきまるなら 僕は去年負けていないな」
と岸神小鞠に言い放ち、さらに

「知らないのかい ロードレースとは常に、、、、」

「意思とそして予想できない困難に打ち勝った者が勝つんだよ!!」

と告げるのでした。
バリケードすれすれを抜けていく2台のマシン。
そして116番の京都伏見の選手がハコガクのエーススプリンターに喰らいついている様子に沿道は沸いています!!

 

「広西!!」

「広西がんばれ!!」

「さくだい!!」

「すげぇぞ広西!!」
選手が直前に変わったことを知らない沿道からは広西コールが巻き起こります。

 
スポンサーリンク

 

 

「残念だね 直前でメンバーを変更したから皆間違えているよキミの名を!!」

そう言う泉田に対し

 

 

 

「え?いいですよべつに  

ボク他人の声が力になるなんて一度も思ったことないですから」
と全く動じない岸神小鞠。

 

 

 

その頃後方では京都伏見3年の山口が御堂筋の采配のすごさを目の当たりにし
(こいつ、、こいつについていけば今年は、、、、)
(今年は本当に総合優勝をもぎ取ることができるかもしれない!!)
(オレたち京都伏見が、、、、)
(夢の全国一、、、総合優勝を!!!)

と感じていたのでした。
実は岸神小鞠と御堂筋の出会いは御堂筋が中学3年の時に出会っており、、、

 

 

「解放」を教えたのは御堂筋であったことが明かされたのでした!!!

 

 

 

要するに小鞠の強さは御堂筋直伝、解放も御堂筋の手で教えられたいわば御堂筋二世ともいえるのが
岸神小鞠

という人間だということなのです!!
まだ中学2年だった小鞠は御堂筋の所属していた自転車部をいつも見学していたのでした。
小鞠本人は日当たりがいいので本を読むには絶好の場所と誤魔化していましたが

御堂筋に

 

「ロードレース好きなん?」

と聞かれた問いに

 

 

「やっ ロードレースじゃなくて  にく あっなんでもありません。これを言うと皆さんひいてしまうので」

とすでに筋肉(にく)フェチの姿を見せつつあるのでした。

 

 

 

果たして過去に御堂筋と小鞠の間に何があったのか!?

怪物 岸神小鞠誕生が明かされようとしています!!

 

続きはこちら!

→弱虫ペダル ネタバレ 380話【小鞠 男性肉への異常な欲望】

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


5 × = 五

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?