弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 375話【筋肉バカ泉田VS筋肉変態小鞠】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
711992
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
今回は弱虫ペダル375話のネタバレと感想です!

 

前回は小鞠が泉田の体に興奮してお触りしてしまうシーンがありました。

 

完全にあっち系の人って感じです。。
なぜ京都伏見はそういう人ばかりなんでしょう。

京都伏見はイッてしまっている人ばかりですね(笑)

 

 

それでは今回はその続きのお話に注目していきましょう!
よろしくお願いします!

 

 

弱虫ペダル ネタバレ 375話

 

近づくスプリントライン 並び立つ2人の男が最速を競う!!
ついに2日目のスプリントラインをどちらが獲るかの勝負が開始されようとしています。

 

 

箱根学園は筋肉に絶対の自信を持つエーススプリンターのキャプテン泉田!!

 

 

一方の京都伏見も御堂筋が出る、、、と思われた矢先、そこに現れたのはゼッケン116番!!
(このスプリント対決に116番を出すのか!?)

誰もが目を疑った瞬間でした!!

 
そう、御堂筋vs泉田かと思われた2日目のスプリントラインを競う攻防

しかしそこに現れたのは116番岸神小鞠だった!!
(岸神小鞠)

 

 

(1年生、、、としかデータがない、、京都伏見は寸前にメンバーの116番を補欠登録のこの男に入れ替えてきた)
岸神小鞠として泉田がわかっていること、、、、

 

 

それは
筋肉をほぐすマッサージャーだったということのみ。
それ以外に小鞠のデータはほぼない状況。

 

 

それを京都伏見の作戦と見るか、単にレギュラーが体調を崩したため急遽エントリーされたと見るか、、、

 

 

泉田が感じた答えは、、、
(ただのマッサージャーではなさそうだ!!)

という岸神小鞠に対する脅威を感じ取っていました。

 

 

小鞠はというと

「肘のほうまで、、、感触のこってますよ、、、、泉田さん  はぁ!!」
と泉田の大胸筋を触った興奮が冷め遣らぬ様子。
そんな小鞠の姿を見ながら泉田は

(未知数、、、!!データのない男  だがそれも、、、、)
と考え、泉田はデータがない小鞠との対決を楽しんでいる様子。

 

 

しかし黒田は

「塔一郎!!やめとけひとまずこの勝負 レースはまだ長い」

「この先のスプリントは6人で通過すりゃいい さっきのヤツの触れ方尋常じゃねえ!!何かされる前に、、、」

と泉田に忠告&心配をします。

 

 

そんな黒田に対し泉田は

「大丈夫だ雪成(ユキ)ぼくらは王者だ!!」

「箱根学園だ!!どんな敵が挑んでこようとも正面からけちらす!!それが王者だよ!!」

「敵のデータがないのなら、、、、闘って知ればいい!!アブ!!」

とすでに臨戦態勢に入っています。

 

 

(泉田のアブ!!)

京都伏見の山口は泉田の「アブ」に対し
(すごい、、圧がここまでくる!!)
と泉田の圧力を間近に感じている様子。

 
(強いスプリンターは構えただけで相手を圧倒できるという!!泉田、、、強くなっている!!一年前より更に!!)

と泉田の強さを目の当たりにして萎縮しています。

 

 

そして
(大丈夫か岸神!!)
と小鞠が泉田に勝てるのかと不安な表情を見せます。
「もっとききたいかい?岸神くん!!ボクのアブアブの雄たけびを!!」
という泉田に対し
「ええもっと!!!」
と不敵な笑みで答える小鞠

 

 

 

そして泉田の

「アブレディ!!!GO!」

の掛け声と共に泉田と小鞠のスプリンター対決の幕がきって落とされたのでした!!

 

 

 

そんな小鞠の暴走に

「ホントにィ   がまんのできん男やわ!!」
とこちらも不敵な笑みで見送る御堂筋なのでした。

 

 

 

アッという間に加速してグングンスピードを増す泉田。

 

 

 

アブ  アブ  

アッ   ブ!!
アブアブアブアブ
アブアブアッブゥッ!!

 

 

 

 

アブを連呼しながら更にスピードを上げる泉田。

まさにアブアブスプリンターです!!
アンディとフランクが舞い踊っています!!!
沿道からは
「うお速ええ!!!チームから1人ずつ飛び出してる スプリントラインを狙って!!」
「バイクかよ」

という声が上がります。

 

 

更に

「速ええ!!ハコガクはエーススプリンターの泉田だ!!」

「後ろの京都伏見は、、、、、大会パンフによれば、、、116番 3年広西作大だうおおお」
「あの泉田の加速についていっているぞ!!京伏3年の広西ってすげぇ!!あんなに速かったのか!!」

とおもいきり勘違いされています。

 
しかし泉田の加速についていっているということは、、、、、
岸神小鞠は泉田のスプリントと同等の速度で走れるということ、、、
それだけのポテンシャルを持ち合わせているということ!!

 

 

思わぬ伏兵の登場です!!
「よくついてきてる けれど少しトバしすぎたかな?ハァハァ言ってる もしかしてもう息上がってるかい?」

と泉田が小鞠に問いかけます。

 

 

 

小鞠はそんな問いに対し
「え?何ですか?息?そりゃあもうハァハァものですよ」
「あなたの筋肉(にく)の動きをこんんい間近で見られて、、、」
「ハァハァならないわけがないじゃないですか!!!」
と答えます。
泉田は
(そっちか!!)

 
と驚き更に
「ならばこれでどうだい 

アブアブ  

ブアブアブッアーーー!!!」

と加速します。

 

 

 

しかし小鞠は
「ブア」!!「ブア」もいいですね!!

 
と泉田の加速について行きます。
泉田は
アアアアアア!!!!
と叫び

 

 

(いくよアンディフランク!!ついてくるというのなら、、)
「アッ   ブァアアアアアア!!!」
(力ずくで引き離そう!!!)
と加速し続けます。

 

 

 

しかし!!!!

 

 

苦もなくついてくる小鞠。
そんな小鞠に対し
(ついてきた、、、!!!)
と驚く泉田。

 

 

そして

「なるほど どうやらキミは反応速度が速いようだ。

ボクが加速する構えに入ったと同時に動きに入っている」
と小鞠のことを分析します。
小鞠の口からは

「わかるんで筋肉(にく)の動きで 細かいふるえでどれくらい加速するか、、そういうの見逃さないんです」

という答えが。

 

 

「どんな加速にも反応し遅れない、、、、と?」

と問う泉田に対し

 

 

 

「だって     間近で見るチャンスなんて二度とないですから」

と笑顔で答えます。

 

 

 

そのときおもむろにビクンとなる泉田の大胸筋フランク

(左大胸筋のフランクが、、、、!!危険を察知している!!この男に!!)

と小鞠に対し危険を感じます。

 

 

 

そのときすかさず
「今反応しました?フランクさん」

と聞く小鞠。

 
そんな問いに対し

(「フランク」を!?)
と驚く泉田。

 

 

(いや、、、いつもボクも声高に叫んでいる 

この男が名を知っていてもおかしくはない)
一瞬焦りはしたが冷静に判断をしようとする泉田。

 

しかしそんな泉田とフランクに

「そうですね、、、彼 慎重派、、、ですか?

あらゆる危険を察知する一方で心臓を加圧するから、、、慎重かつ大胆、、、、」
「そんな性格ですかぁフランクさんは!!」

 

 

と泉田の左大胸筋フランクの性格まで言い当てる岸神小鞠!!!

 

 

(この男触れただけでそこまでわかるのか!!)

さすがに驚きを隠せない泉田。

 

そして

「すごい感覚だ!!勝敗についても分かるのかい?」
そう聞く泉田に対し

 
「わかりますよ おおよそは筋肉(にく)の動きをみれば」
と答える小鞠
「このスプリント勝負はどっちが勝つと?」
と聞く泉田の問いに対し、全く躊躇もせずに
「ボクです」

と言い切る小鞠。

 

 

その答えに対し

「、、、、、、!!」
と、言葉には出さないがあからさまに表情が曇る泉田。

 
そんな泉田に

「あれ?少し息上がってます?」
と言い返す不敵な小鞠なのでした。

 

 

 

 

スプリントラインまで残り3キロ!!

果たして勝つのはアブアブ泉田か!?

それとも筋肉モミィの岸神小鞠か!?

 

 

続きが気になりますね!!

続きはこちらです!

→弱虫ペダル ネタバレ 376話【自分史上最強!泉田塔一郎!!】

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 六 = 11

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?