弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 368話【小野田坂道VS新開悠人 壮絶なバトルが始まる!!!!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
今回は弱虫ペダル ネタバレ 368話です。

 

 

 

夢にまで見た山王小野田との戦いに高揚する新開悠人!!

そんな新開に答えはYESだと告げ宣戦布告する坂道!!

 
ここに負けられないクライマー同士の
一方は自らのプライド、一方はチームを守ることという
全く理由が違う戦いが切って落とされたのでした!!

 

 

「いやぁ強いよ山王!信じられない登坂力、
自在なケイデンス(回転数)そしてその目、、、」
「大きくまっすぐな闘う目。鳥肌がたった!!!!」
山王との闘いを楽しんでいる新開。

その顔はまさに戦意むき出し、
負けるつもりはないといった表情で坂道に挑みます!!
「ふっ   しゃあ!!!」
そう叫び体をぶつけてくる新開悠人!!!
その頃後方では手嶋が坂道のことを心配していました。
「くそっ!見えない、、速いあいつ16番」

 

一瞬で置いて行かれた状況を分析して
新開悠人の実力と行動力に驚愕する手嶋。
(気をつけろ小野田。新開悠人一見飄々としているが、、やつは速い)

(そして)
その動きに容赦も躊躇もない!!!!
ドンッッ!!!!

 
体をぶつけられた坂道でしたが、
今回は全く動じずペダルを漕ぎ続けます。
「不意打ちを狙ったのに、、体預けて肩で接触してるのにおかしいすね。」

「ビクリともしない!」
微動だにしない坂道に驚く新開。そんな新開に対し
「ボクは君より先にいきます!」
とだけ告げ自転車を進める坂道。
(これが山王の実力、これが山王の本領)
坂道の力を知り、さらに好戦的になる新開悠人。
「すっとばされるのかと!さっきみたいに!」
言葉で煽る新開に対し

「先にいきます」
と言う坂道。

「強くなったんですね!この一年で。噂よりはるかに強い!」
坂道の強さを確認した新開は

「しゃあ!!」

と雄たけびをあげ加速していきます。

 
「オレゾクゾクしてますよ。
このインターハイで山王あなたと勝負できてる!!」
「すごいよすごい!ついてくる!オレ今もう目いっぱいまわしてますよ!!」
着いてくる坂道に喜び笑顔で走る新開悠人。

 
しかし、、、限界だと宣言した矢先

「うそですけど!!」
と、今まで以上のぺダリングでさらに加速する新開悠人!!!
あっという間に坂道を引き離す新開に対し
「う、やっぱり速い新開くん!動力か何かついてるみたいにのぼっていく!」
とそのスピードに驚きを隠せません。

 

 

「るしゃあ!ついて、、、ついてこいよ!山王ォ!」

闘いを楽しむ新開悠人。まるで自分の力を誇示するかのように坂道を揺さぶり続けます。
(でも)
ここで引き離された坂道が心の中で叫びます。

(行かせない)

(行かせない!!)

ぐるぐるとペダルを漕ぐスピードが上がり、どんどんケイデンスを上げる坂道。
(今泉くん鳴子くん)
頭の中には先に行く今泉と鳴子の姿が。
「前には、、、いかせない!!」
一気に加速し新開を捕えた坂道。

 
「追い、、ついた!」
すぐに追いついた坂道に驚く新開。
しかし不適な笑みを浮かべ

「アンタ本当におもしろいよ!山王!」
と言い残し追い付いたタイミングでまた加速!!!
「人は何度も目の前で加速されると心が折れる」
「次もどうせ努力がムダになるのだと、、、、」
「絶望する!」

 
山王を!
完全に!
引きちぎる!
心折れるまで!
何度もォ!
刺すみたいに!!
頂上の雀蜂の異名通り、何度も何度もアタックを繰り返す新開。

しかし、、そんな新開のアタックにも心折れずに追い付く坂道。
「ヒュウ、、すげぇ、、」
そんな坂道に驚嘆する新開悠人。

 
「やはりすごいです!すごいメンタルだ。
普通のクライマーなら今のでもう完全に足止めてるとこですよ」
「オレの4回の引き離しにくじけずついてくるなんて。ボロボロになりながら、、」

「知りたいもんですねあなたのその、強さのヒミ、、」

 
話しかけている最中でここであることに気づく新開。
坂道は自分を見ていない、、それどころか
(先行する気か山王小野田!
うそでしょオレをだしぬこうって、、先頭に向かうつもりだこの人!!)

「まじっすか!」
先行する坂道の姿に驚く新開。

 
(オレとの闘いの最中なのに何度も攻撃したのに初めからオレを見てない!)
(てか何だこの人のペダリング)
(地味で地道だ)

(特徴もない、さして速そうでもない)

「く!なのになんでか簡単には追い付かない!」

 

 

坂道の何故か追いつけない走りに戸惑う新開悠人。

 

何故追いつけないのか、どうしてこんな地味な走りなのに強いのか。
それが分からないためさらに戸惑いは増していきます。
(確実に進む感じだ、、1歩2歩、、、それに不思議とリズミカルだ)

 

 

 

そう、坂道の走りは何故かリズミカルなんですよね。

 

その秘密は弱虫ペダルを見ている人なら想像つくと思いますが、、、
それは、、、

 

 

(だめだ真剣に走らないといけないのになぜかラブ★ヒメ2期目のオープニングテーマが頭を回ってしまうーーー)

 
そう、今回も坂道は頭の中でラブ★ヒメのオープニングテーマを
考えていたのでした♪しかも二期目の!!!!
こんな時の坂道はものすごい力を発揮しますからね。
「それが山王の強さのヒミツですかぁ!?」
後方からスピードを上げて
「るっしゃあ!!」
と叫び追い付く新開。

 
完全に自分を見ていない山王坂道に対し
「傷つきますねぇ そんな地味な走りで先行されると。
オレ全開であなたと闘うつもりで走ってるんですけど」
と声をかけます。
その問いに坂道は
「十分、、キミは、、強いです。すごいと思う。
でもボクは手嶋さんに先頭に先に追い付けって言われましたから」
と答えを返したのでした。その答えに顔色が変わる新開悠人。

「言われてですか?」
「変わってますねぇ 言われたから走ってるんですかぁ?自分の意思はないんですか」
「ロボですか?人形ですかぁ?」

 
自分の力を誇示するために走っている新開にはまず理解できない坂道の行動。
そんな新開の言葉を聞き笑う坂道。
「言われて、、いわれたとおりにやれて、、、」
「それでその人が喜んでくれたら嬉しいとボクは思ってるから」

 
そう、、自分のためではなく仲間のために、
チームのために走ることで力を発揮する坂道の走り。
それは新開には到底受け入れがたく絶対に理解できないものでしょう。
ザワッ

 
(鳥ハダ、、さっきのとは別の鳥ハダだ、、
何だこの人、、オレの感覚にはない)

 
坂道の独特の感覚に寒気を覚える新開。そして
(この人にはやっぱり勝っとかないと)
とこの力がこの先確実に脅威になることを
肌で感じ取り勝負を挑むのでした。
「聞こえますか観客の声援が。
最後の勝負をしましょう。先頭はすぐそこです!!!」

 

 

自らのプライドをかけた新開と、
チームの想いのために走る坂道の最終壮絶バトルが始まります!!

 

 

 

続きはこちら

弱虫ペダル ネタバレ 369話【小野田が新開悠人に破れる!?】

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 1 = 八

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?