弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 353話【坂道の母が凄いことに!!!!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
ec8a2c41-s
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今回は弱虫ペダル最新話353話のネタバレと感想を書いていきます♪

昨日アップしようと思ったのですが疲れすぎて寝てしまいました♪

1日遅れで353話の感想をアップします!!

 

 

 

 

インターハイ一日目の激闘も終わり、
自分たちは挑戦者だと自覚した総北のメンバー達。

 

 

挑戦者は挑戦者らしく、泥臭く諦めず喰らいついて走る覚悟を決め、
メンバーの意思が統一されて1日目は終わりました。

 

 

で、今週は完全な息抜きの回だと思って感想を見てください。

緊迫とは程遠いゆるーい空気が久々に流れまくりです♪

 

「まー立派なホテル♪」

 

ロードレースで選手たちの激闘が繰り広げられた箱根に、
全く似つかわしくない主婦たちの声が響き渡ります。

 

 

そう、、、、昨年も観光気分でレースを見に来たあの、、、、、

 

 

天然ボケ炸裂、ロードレースとサイクリングの区別がつかないあの!!

 

坂道の母、降臨すっ!!!!!!!

201227694.v1396926214

 

 

2年目に入ったにもかかわらず、
息子の出ているロードレースのことをなにも知らない母は、
主婦友と観光満喫の模様。

 

 

 

どうやら坂道に会いに総北が宿泊するホテルまで参上したようですね。

 

 

その頃ホテルでは坂道、鳴子が風呂上がりで布団に大の字になって休息中。

 

1日目の疲れを癒しています。

 

 

「お風呂上がりのオフトンダイブは気持ちいいね。
毎回思うけどレースのあとはで体がしびれるよ」

 

「筋肉痛が、あちこちにでてきたよ。

やっぱり今日のレースは大変だったね、、、」

と坂道。

 

 

それに答える鳴子は

「ああ、、」

と言葉少なです。

 

 

「あ、、、ごめん今日、、

ゴール、変なの思い出させちゃった?もしかして!?

あ、、いや変じゃないよ全然」

 

その空気に気づいた坂道が鳴子を気遣います。

 

「かまへん事実は事実や、、すまんなぁ悔しい思いさせて」

謝る鳴子に坂道が

「そんなこと、、」

と言いかけた瞬間

 

「ワイは、、悔しいわ」

と素直な気持ちを吐露する鳴子。

 

 

「悔しいときはな小野田くん、、めっちゃ悔しがるんや。

 

 悔しがってムカついて自分にムカついて考えて考えて

 あーしとけばよかったこうしとけばよかったってめっちゃ全力で後悔して、、

 

 泣いて、、、、寝るんや。

 

 そしたら次の日はだいたい忘れてさっぱりするんや。

 

 これが鳴子式デーハーサッパリ術や!!」

 

鳴子は悔しい時は思いっきり悔しがることで
全てをリセットするタイプみたいですね。

 

 

今日は思い切り泣いて喚いて明日はまたリスタートです!!

 

さっぱり術について廊下を話ながら歩く鳴子と坂道の前に、、、、

 

とぼけた顔した母登場!!

 

「来たわよ坂道。主婦の会いつもの三人で。

息子さんのレース見ながら美味しいものたべましょーって。」

「見れなかったけど」

 

 

凄いです。

最後の見れなかったけどがものすごい破壊力です。

来たけど見てないって。

何しに来たんだこの母親はって感じです。

 

完全に観光ですね(笑)

 

「また来たのー!?」

「うおお小野田くんの台風オカン!!」

 

思わぬ人の来訪に焦る坂道&ビビる鳴子。

 

「呼んだんか小野田くんわざわざ呼んだんか」

と聞く鳴子に

いやいやいやいやいやいやと全力で否定する坂道。

「なななにしに来たんだよー」

の問いに

「残念ながらレースって言うの見れなかったから日光東照宮行ってきたのよ」

と語る母。

 

レースっていうの?
おそらくレースがなにかも相変わらず分かってない模様。

 

 

そこに風呂上りの古賀と青八木が登場。

昨年はメンバーじゃなかったので坂道の母とは初対面ですね。

それに気づく坂道母。

 

第一声が

「今年の先輩は老けてないわね」

という爆弾発言。

 

その言葉を聞いた古賀さんは

「今年の?まさか金城さんか!?」

と心の中で理解したようです。

 

金城さん、、、、そんなに老けてたっけ(汗)

 

 

で、何しにホテルまで来たのかと言うと、
坂道の母は忘れ物を届けにきたようです。

 

 

大きな手荷物から出された忘れ物とは、、、、、

「ママチャリ用の空気入れ」

空気入れるのに必要でしょとさらりと言い放つ母。

 

 

呆然とするメンバー達。

そして

「ベストボーイと書いてある猛烈にダサいキャップ」

「自転車走るときまぶしいでしょ?気がきくでしょ。

あ、そうだ!!と思って母さん買ってきたの」

 

ベスト、、、、、ボーイ、、、、そのキャップを被らされた坂道を見て
古賀と青八木が完全に固まっています。

すると母が一言。

 

「大丈夫、みんなの分も買ってきてるわ」

 

と、まさかのメンバー全員分プレゼント!!!!!!

 

みんなでベストボーイキャップを被る羽目になった総北メンバー達。

 

その姿が滑稽で思わず笑みが出てしまいました♪

 

 

「でもごめんなさい五個しかないの。
さっき、間違えて隣のホテルに行ったとき尋ねた学生にあげちゃったの」

 

そう語る母の口から

「背中に箱根学園って書いてあったわ」

と尋ねた学生がハコガクの生徒だったことが明らかに。

 

 

しかもキャップを渡す時

「きっと役に立つから」

の言葉も添えて渡しています。

 

 

すでにハコガクでも一騒動おこしとるー!!!

と驚く鳴子。

 

 

さらに母が取り出したのが

自転車のかご用ネット、山のサイクリングは冷えるからとトレーナー。

 

「ジャージを、、着て  走るんだと、、、

何回も説明したじゃ、、ないか」

 

坂道は何度も説明していたようですが、全く理解していなかった坂道母。

 

 

「やはり理解の壁が厚いなオカン、、、」

ある意味凄い坂道母に鳴子も脱帽のようです。

 

 

 

すると場をかき回す母の口から意外な言葉が出てきます。

「母さんうれしかったんだよね、、今年もがんばるって言ってくれて」

「去年頑張ったでしょ?すごく頑張ったと思うの、、、」

 

「がんばりすぎるとさ、、、、

気が抜けちゃうことも多いから、、、、」

 

その言葉にハッとする総北メンバー一同。

 

 

 

間の抜けた母ですが、たまに核心に迫る一言を投げかけますよね。

 

 

実際坂道は気が抜けて目標を失いかけていた時期がありましたから
この言葉は心に響いたようですね。

 

 

「やめるって言い出すんじゃないかって本当はドキドキしてたの母さん」

「皆の期待を叶えなさい」

ヤバいです。

 

この言葉は読んでいるこちら側の心にも響きました。

 

 

更に母は話を続けます。

「母さんね東照宮いったの」

 

「さっききいたよそれ」と坂道。

 

 

「お参りしてお願いしてきたわ」

 

 

「あなたが三日間、、、

無事にゴールまでたどり着けますようにって」

 

ゴール、、、とても重いゴールという言葉。

その言葉が母の口から出るなんて。

 

 

母の言葉の重みと息子を心配する気持ちを知った坂道は

「うん、、ありがとう!!!」

と明日のレースに向けて気持ちを入れなおしたようでした。

 

 

「やっぱり去年より少しだけたのもしくなったね」
という母の言葉に照れる坂道。

 

 

「あなたたち先輩方も坂道をよろしくね」

と先輩方に息子のことを頼む母。

 

そしてあろうことか青八木に向かって

「アニメ部もがんばってね」と坂道母。

 

 

冷静に

「自転車部です」と返す青八木。

 

 

 

さらに続けざまに

「あなたもアニソンっての歌うの?大声で」と母。

その問いにも冷静に

 

「歌いません」と青八木。

 

 

……確かに青八木って、、、、、

アニメ部っぽいなとは思ってましたが、、、、

 

 

まさかここで言われるとは(汗)坂道母、恐るべしです!!

 

 

場をかき回して帰っていく母を見ながら

「きばらなあかんな小野田くん。

まだまだ道のりは遠いで」

という鳴子。

 

 

「うん」と答える坂道。

 

 

そしてお互いに拳を突出し

「やるか」

 

「うん」

 

根性注入や!!!と拳をぶつけ合うのでした。

 

 

その頃坂道母にホテルを教えてあげたハコガクの生徒の姿が。

 

「これいけてるね、、

絶妙なセンスだ。おもしろい人だあの人」

 

ベストボーイのキャップのセンスが気にいったその生徒は

「きっと役に立つ、、か」と坂道母に言われた言葉と、昨年のレースを思い出していました。

 

 

「去年ゴール前にいた人だ」

 

 

そう、その生徒とは真波山岳!!

 

昨年坂道とインターハイのゴールを争ったライバルです!!

 

 

「明日も楽しみだな、、走ろうよ全力で。

その時がきたら、、、」

 

「坂道くん!!」

 

 

1日目は勝負できなかったですが、おそらく二日目は、、、

 

 

坂道と真波、その勝負の時が刻一刻と近づいているようでした、、、

 

 

 

 

※今回の話も最高でしたね!
坂道の母がこんなにおもしろいとは!(笑)

主人公に坂道を差し置いて母の方がインパクト大です♪

 

いや〜弱虫ペダルおもしろいわ!
深いわ!!

 

最高ですね♪

是非あなたの感想も書いてみて下さいね^^

コメント欄に弱虫ペダルについて自由にあなたの感想を書いて下さい♪

 

 

あ。それと、メルマガも始めました。

ブログの更新情報をお届けします♪

是非メルマガにも登録してみて下さいね^^

 

⇒弱虫ペダルネタバレPRESSメルマガ

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 4 = 十二

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?