弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 352話【金城の名言が凄い!!!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
1370485253_1_2_e021a3d45c84820f0c2f3937aef0c69b51aff307_thumb2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

今週も弱虫ペダル最新号が発売されました!

 

さっそく感想をかいていきますね!

 

 

 

 

手嶋が明日走れるかどうかわからない中、
1年の鏑木も倒れるというアクシデントに見舞われた総北チーム。

 

 

 

何もできなかった自分を責める坂道を見た手嶋は、
鳴子を探してきてくれと頼むのでした。

 

 

テントを出て暗い表情で歩く坂道。

 

 

その小野田の前に、かつてのチームメイトで
頼れるキャプテンであった金城が姿を現したのでした!!!!

 

 

「良かったです。金城さんが来てくれて」

 

久々の金城の姿をみた坂道のテンションがあがります。

 

先ほどまでの暗い表情は消えています。

 

 

 

「不思議です。金城さんに会うとあの、、
もうボク二年生なのに一瞬で一年生に戻ってしまうような気持ちになります」

 

そう笑顔で話しかける坂道に対し、
金城が発した言葉は意外なものでした。

 

 

「おまえたちのテントへは行けない。
もう俺達はおまえたちを支えることはできない」

 

 

その言葉を聞き、愕然とした表情となる坂道。

 

なぜ金城は突き放すような言葉を坂道に突き付けたのか、、、

 

 

その頃テントの中ではキャプテン手嶋の話が始まろうとしていました。

 

すでに鳴子も返ってきており、
坂道が最後にテントに帰ってきました。

 

 

手嶋が語るのは明日走れないという事なのか、、、、
テント内に緊張が走ります。

 

 

「俺達は全力を尽くした!

六人全員でそして敗北した!!」

 

 

「最後鳴子が、頑張ってくれたが届かなかった、、、、
僅差の二位だった、、」

 

 

そうなんですよね、

僅差でも二位は二位。

 

 

何かが足りない、、

力はあるけれど最後を詰める何かが
今の総北には足りていないのでしょうか。

 

 

 

今泉もこの二位という結果に
何かしら足りないものを感じているようです。

 

 

 

「手嶋さんも鏑木も僅差の二位ギリギリの、ところでやられてる!!」

 

 

 

何が足りないのか、昨年の優勝校としてのプライドなのか、
それとも地力の差なのか、、、それとも、、、、

 

手嶋がさらに話を続けます。

 

 

「このことから導きだした答えは、、、、」

 

「俺達はまだ挑戦者だってことだ!!!」

 

 

 

驚く表情の総北メンバー達。

 

 

何となく気づいていましたが、総北とハコガクの違い、
それは今まで積み重ねてきたものの重みの違いだったのでしょう。

 

 

 

ハコガクは王者と呼ばれるほどの
圧倒的な強さを誇るインターハイの王者です。

 

 

しかし総北は昨年優勝しただけのまだまだひよっこです。

 

 

 

昨年の優勝校として臨んだ今年のインターハイ。

 

どこかで昨年優勝しているという
気持ちが有ったのかもしれません。

 

 

 

しかしそれは総北の走りにとって邪魔なものでしかなかった、
ということでしょうか。

 

 

 

総北は王者ではない、むしろ挑戦者であるからこそ
120%の力を発揮できるという事なのでしょう。

 

 

 

「やっぱりハコガクは強い。
観客もそれを期待してる。京伏の動きもあなどれない」

 

 

「だったらできることはひとつ!!」

 

 

「去年と同じだ。しつこく食い下がって

ボロボロになって何度も試して失敗して

小さな小さなチャンスを見つけてつかむ!」

 

 

 

「魂をあずけて積んで目一杯走る!

助け合って支えあってあきらめない

総北の走りをやるしかねぇ!」

 

 

「やっぱそれしかないっすか」と鳴子。

 

「あの走り方疲れるんですけどね」と今泉。

 

「そういうことだ」とにやりと笑う手嶋。

 

 

しかしその表情は昨年と同じ顔つきになっていました。

 

 

挑戦者。

 

 

まさに総北を表すにふさわしい言葉でしょう♪

 

 

その時手を上げる坂道。

 

 

「ひとつご報告があります先ほど会場内で金城さんに会いました」

どよめく手嶋、青八木、今泉、鳴子の4人。

 

「けど僕らには会えないとおっしゃってました」

あの時、何故金城が会えないと言ったのか、
その謎が明らかになります。

 

「どうしてですか!?一目くらいいいじゃないですか!!
皆さんも絶対喜びますから」

会えないと言う言葉に動揺し反論する坂道。

 

 

「はじめは俺たちもテントに行ってねぎらうつもりだった」

「だが、、、」

「総北は今日一日目ギリギリのところで機を逃した、、、危機だと感じた」

 

とギリギリで二位だったことに危機を感じたと言う金城。

「だったらなおさら!!」

 

坂道が金城に言い寄ります。

 

その坂道の肩をぐっと押さえ、金城は話し始めました。

 

「危機的状況を回避あるいは逆転させ勝機に代える力は、、、」

「個の中かチームの中にしかない!!!」

 

昨年までチームを率いていた金城だからこそ、
現在の総北の状況が分かるのでしょう。

 

 

自分たちはすでにチームのメンバーではない。

 

 

だから状況を代える力にはなれない、、、、

「金城さんも本当は、、、、」

金城の気持ちに気づく坂道。

 

 

「俺達が行けばたちまち緊張の糸が切れ
課題を見失いチームはバラバラになるだろう」

 

「今が一番脆い、、、わかるな小野田」

 

ぼくらのために!?

 

そうなんですよね、金城も本当は会いたいんです。

田所も巻島も同じ気持ちなのでしょう。

 

 

しかし、自分たちが行くことによって
緊張の糸が切れてしまったら!?

 

 

おそらく総北は2日目をまともに戦えない、、、

そう判断したのでしょう。

 

 

金城たちの優しさに心が震えました。

 

 

「つらい状況の中でもがき苦しめ小野田。
そこから生まれてくるものは必ず、、、、ある!!!」

 

 

金城たちの気持ちに気づいた坂道は、

「はい!」

と吹っ切れたように返事をしたのでした。

 

 

真っ直ぐな目をして、、、

「フ、よし!!」笑顔で坂道を見る金城。

 

 

二年の顔になったな小野田、、

と坂道の成長に満足そうな顔を見せるのでした。

 

 

「誰にも会わずに帰るつもりだったがおまえと話せて良かったよ。
今日会わないことは三人で決めたことだ。つらいだろうが理解しろ」

 

そう坂道に伝える金城。

 

 

「だが時間があるかぎり俺達はレースを見ていくつもりだ。
帰ってみんなに伝えてくれ」

 

「必ずどこかで俺達は見ていると!!」

ここで坂道はあることに気づきます。

 

「え、、、、!?三人?」

 

「ああ巻島も来ている。遠くイギリスからな。
お前たちのゴールも見ていた」

 

「巻島さんがこの会場に!?日本に!!」

 

 

かつて巻島がイギリスに行くとき、
そのことを知らなかった坂道は、一時期目標を失いかけ
走りにも影響が出た時期がありました。

 

 

巻島と言う同じクライマーの、
心のよりどころが急にいなくなった坂道はかなり迷走しましたからね。

 

 

 

その巻島が今この会場にいることを聞いた坂道は喜びを爆発させ

 

「うれしいです!」

 

と満面の笑みで金城に答えるのでした。

 

 

「脆い時こそ支えない」

 

手嶋は金城のメッセージを胸に刻んだようでした。

 

 

「だから強くなりましょう。もっともっと強くなって、、、」

 

そう語る坂道のプレッシャーがグングン上昇していきます。

 

 

沸き上がるプレッシャー、、

確か金城さん去年小野田のことをそう話してたっけ、、

手嶋は坂道をみて金城の話を思い出していました。

 

 

「新しい総北を先輩方にお見せしましょう!!!!」

 

 

完全に吹っ切れた坂道。

力強い言葉とまっすぐ前だけを見つめる瞳。

 

 

「まっすぐな目、、

これで去年の総北を動かしたんだ小野田は!!」

 

昨年の小野田が帰ってきたことを確信する手嶋。

 

 

「そうだシンプルだがその通りだ小野田!!」と手嶋。

「当たり前や!!ほならビビらせたるわ!」と鳴子。

 

 

「勝つまで会いに来ないってことかよ!相変わらずハードルの高いオーダーだよ」と今泉。

 

「イチバンのイチだ」と青八木。

 

 

今日の負けを力に変えて明日走ることを再確認した総北メンバー達。

 

 

「明日もいきましょう!」

 

 

「おお!しゃあ!!!」

 

 

 

気合を入れる総北メンバーにもはや迷いはありませんでした。

 

明日は今まで以上に泥臭く総北らしく走ってくれることでしょう!!!

 

 

「うれしいです、、か。

やはり意外性のある男だ小野田」

 

坂道の意外性がまた総北のピンチを救った1日目でした。

 

 

 

 

※追伸:弱ペダについてのコメントください♪

一緒に弱ペダ楽しんでいきましょう!!

下のコメント欄にちょっとでもいいので
あなたの弱ペダへの想い聞かせ下さいね♪

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

    • ウサ吉
    • 2015年 5月 21日

    単行本は集めているのですが、週刊誌は読んでいないので、
    ネタバレ楽しく読まさせていただいております。
    ありがとうございます。

    • めざし
    • 2015年 5月 22日

    はじめまして。
    最新のネタバレ読ませていただきました‼
    台詞が色分けされてあって、内容も細かく書かれていたのでとても読みやすかったです。
    手嶋さんの体調が心配ですが、逆境に強い総北ですからきっと2日目以降もチームワークで良い走りをしてくれるに違いないと信じています‼
    ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


+ 三 = 6

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?