弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 351話【巻島、金城、田所が激励に来ました♪愛してるよ〜♪】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
WS000809
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル351話のネタバレと感想をお伝えします!!

 

激闘のインターハイ一日目は幕を閉じ、
しばしの静寂があたりを包み込んでいきます。

 

 

 

 

総北の激戦をゴール前で見届けた
昨年の総北優勝メンバー田所、金城、巻島の三人。

 

 

一年前は自分たちがこのステージで激闘を繰り広げていたわけですが、
もう卒業しているためレースには出られない、、

 

 

表彰式の始まったステージを遠目に見ながら、
何かを考えている三人の姿。

 

 

「いいのか巻島それで」

 

「ああ」

 

「おめーが決めていいんだぜ。おめーが一番遠くからきてんだ」

 

「クハ!いいしょそれで」

 

仕方ない、、」

 

 

三人は何かを決めたようですが、
それは果たして何なのか、、、

 

 

そのことが現在の総北に与える影響は、、、

 

テントの中ではマッサージを受ける手嶋がありました。

 

 

真波との山岳ステージの激闘で
全てを使い果たした手嶋の体は明らかに限界を超えています。

 

 

一年生のマッサージに苦悶の表情を浮かべる手嶋。

 

「つぅ」

「大丈夫ですか手嶋さん!!」

「大丈夫だ」

 

明らかに大丈夫ではない状態に見えますが、
気丈にも大丈夫だと言い張る手嶋。

 

 

そんな状態の中、

 

「鳴子は、、鳴子の表彰式は誰かいったか?」

 

 

と鳴子のことを心配する手嶋。

 

1年と杉元が行ったことを聞き、
安どの表情を浮かべます。

 

そして

「インターハイ総合二位だ。
表彰台だ。帰ったら皆でほめてやれ」

 

と鳴子頑張りを称賛します。

「手嶋さん、、」

 

そんな手嶋の気配りを心配そうな顔で見る坂道。

 

 

 

「山岳ステージ、真波くんと闘って出しきって
もう走れないくらいになってるんだ、、、」

 

「相当無理してゴールしてる、、、
二回目のインターハイでボクが頑張らないといけなかったのに、、、ぼくは、、」

 

一日目の山岳ステージに間に合わなかった自分を責める坂道。

 

その坂道に対して

「小野田、、
ありがとよ支えてくれてゴールまで」

 

と声をかける手嶋。

 

 

やはり手嶋はキャプテンなんですね。

自分の状態以上に周りの状態に気を配っています。

 

 

手嶋がキャプテンで良かった、、、
そう思えるシーンですね。

 

 

「本当は一日目の山はボクがいかなきゃいけなかったのに、、
はぐれてすいません」

 

謝る坂道に対し手嶋は

「ゼッケン1の包囲網を突破してよくトップまできてくれた」

とはぐれたことよりも追いついてくれたことに感謝を表します。

 

「いえ手嶋さんに比べたら全然です」

 

そう言う坂道に

「おかげで6人全員無事ゴールできたよ」

と笑顔でねぎらいの言葉をかけるのでした。

 

 

この言葉でかなり坂道は救われたと思いますね。

 

この言葉が無かったら、
もしかすると二日目、坂道は負い目を感じて

挽回するために無理をしてしまう可能性もありましたから。

 

 

そんな空気の中、、、

「手嶋さんこんな状態で明日走れるの?」

という言葉が、メンバーの不安を煽ります。

 

 

そして、、、、まさかの事態が!!!!

さっきまで元気だったはずの鏑木に異変!!

 

あれ?何だ地面が近づいて?何でだ?近づく?

 

ハハッまさか俺様が倒れる?
そんなことあるわけないだろう

インターハイ一日目ごときで
そう頭の中で思いながら地面に糸の切れた人形のように倒れ込む鏑木。

 

 

一差!!!

鏑木!!!

鏑木くん!!!!!!

テント内に響くチームメイトの叫び声。

 

 

真横で見ていた今泉の顔が強張ります。

 

 

「さっきまで鳴子のことをイキってまくし立ててたじゃないか鏑木!!
レース中やレースの後はアドレナリンが出てるから元気にしてられるんだ。」

 

 

「自分でも気づかない。切れちまったらその時、、、一気に来るんだ蓄積した疲労が!!」

 

 

先ほどまでの鏑木はアドレナリンが出ていたため、
異常に元気でレースの疲れも感じていなかったのでしょう。

 

 

しかし、今泉から鳴子のことを聞いた際に、
緊張の糸がプツリと切れたのでしょうね、、、

 

そういったシーンが先週ありましたから。

 

 

「無理にでもクールダウンさせなきゃいけなかったか。
これほどダメージをうけてるとは、、くそ!!」

 

 

鏑木の異変に気付けなかった自分を責める今泉。そして、、、、

 

 

「お前も6人のうちの大事な一人のメンバーなんだぞ鏑木一差!!!」

と大事なメンバーであることを痛感するのでした。

 

 

総北にまさかの事態が訪れてしまいました。

 

 

特に鏑木は完全にノーマークでしたね。

 

まさか一番元気な人間が最初に倒れてしまうとは、、、、

 

 

これがインターハイの重圧、
そしていくら力があるとはいえ1年生ということでしょうか。

 

 

知らず知らずのうちにプレッシャーを感じていて、
無理をしていたのでしょう。

 

 

これで総北の不安要素は鏑木、
そして手嶋の二人ということになってしまいました。

 

 

そんな中坂道に

「鳴子さがしてきてくれ」

と頼む手嶋。

 

 

「メンバー6人に今日の宿行く前に
話しておかなきゃいけないことがある」

と神妙な面持ちで坂道に話しました。

 

明日のレース手嶋と鏑木は走らないのではないか!?

 

そんな嫌な予感が頭をよぎる坂道。

 

 

しかし悪いイメージはその通りになる可能性があると聞いていたため、
そのイメージを払しょくしようと必死に考えを変えようとします。

 

 

総北は一人一人が支えあって走るチームなんだ!!

金城さんも去年言ってた!!

 

 

昨年のインターハイで金城に言われた言葉を思い出す坂道。

 

 

昨年は3年生3人が1年である坂道、今泉、鳴子を
上手くリードして支えていました。

 

 

しかし今年はその3人はいない、、、、

金城のことを思い出す坂道。

 

 

そんな坂道の前に、、、人影が現れます。

「金城さん、、!!!」

思わず声がでる坂道。

 

 

目の前に昨年支えてくれた金城の姿が。

 

 

「見てたぞゴール前で。
いいチームに仕上がってるじゃないか」

 

1日目の走りを褒める金城に対し、
坂道は今のチームの現状を話します。

 

 

手嶋のこと、鏑木のこと、チームの状態が心配なこと、、、、

 

 

そしてテントに来てくれと誘う坂道。

 

テントに来てくれたらみんなも元気になると思ったのでしょう。

 

 

しかし、、金城の言葉は意外なものでした。

「行けない」

そう、、、行けないという言葉。

 

 

おそらくこれが金城、巻島、田所が最初に話していた話の内容ですね。

 

 

激励に行くか行かないか、それを話していたのでしょう。

 

そして出た結論は、、、

行かないだったに違いありません。

 

 

その言葉に驚きと困惑の表情を浮かべる坂道。

 

 

「支え合うのはお前たちだ。
もしもの時手をさしのべられる場所にいるのはお前たちだけだ」

 

 

「俺達はすでに卒業してしまっている、、、
もうお前たちを支えることは、、、、出来ない、、、」

 

 

金城の非常ともいえる言葉を聞いた坂道の心境は!?

 

そして何故金城は突き放すような言葉を坂道に言ったのか!?

 

 

その本心とは!?

 

 

 

 

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


9 − = 五

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?