弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 350話【鳴子章吉の男泣きシーンがヤバい!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
48519cd2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰よりも大きく両腕を広げて、
空を抱いた、、、、、。

 

 

ついに白熱のインターハイ1日目の勝者が決まりました。

 

 

インターハイ一日目ゴール!
勝者11番3年エース、、、、

葦木場拓斗選手ーーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

ゴールで告げられる勝者葦木場の名前。

 

 

そして、、大きく両腕を広げて
勝利を喜ぶ葦木場の姿。

 

「出た!両手を広げるさあしきばさんのウィングポーズ!!」

 

応援をしていたハコガクの後輩や仲間たちも喜びを爆発させます。

 

両翼2メートル、箱根学園最強を示す史上最大の翼

勝利のポーズだ!!!!!

 

 

このウィングポーズは葦木場が勝った時に
必ず行う儀式のようなものなのでしょう。

 

 

まさに勝利にふさわしい
王者のポーズと言ったところでしょうか。

 

「二位は、、、、」

二位を告げようとする放送に

アホ、、か

二位なんか

意味ないわ

キモ

 

と、二位では意味が無いと負けたことに対して
悔しい表情を浮かべる鳴子と御堂筋の姿が。

 

 

ゴールを判定した判定員が

「これは、、、、、はじめてみた、、、
今年も去年同様荒れるかもしれない」

 

と言うほど、ゴールは熾烈を極めたようで

「二位、、、、同着ーーーーー!!!!!!」

 

のアナウンスがゴールに響き渡りました。

 

昨年は3者同着だったはずですから、
やはりこの3校の力は
拮抗していると考えていいのかもしれません。

 

 

「残り2.5キロから仕掛けた二人のアタックは
惜しくもゴールギリギリで、逃げ切りならずでした。」

ゴール前で実況されるアタック失敗のアナウンス、、、、

 

くそ

くそ

クソォォ!!!!!!!

ワイのアホアホやクソォォ!!!!!!

 

一位を獲れなかったことに対して
異常なまでに自分を責めて悔しがる鳴子。

 

杉元はそんな鳴子を見て

「鳴子、、僕も悔しいけどインターハイで
三回しかないゴール争いで僅差の二位、、どんなに悔しいだろう」

と鳴子の無念を共に悔しがります。

 

「鳴子、、」

 

そんな鳴子の姿を黙って見ている今泉。

 

 

 

その頃京都伏見ではゴールした
御堂筋に駆け寄る後輩の姿が。

 

後輩が差し出したタオルを
強引に奪い取り悔しさをかみしめる御堂筋。

 

 

計算では一位でゴールするのは自分のはずだった、、、

そう考えているに違いない御堂筋の表情。

 

 

策を練りに練った御堂筋ですら勝てなかったことが、
インターハイの難しさをものがたっています。

 

 

ゴール前で落車した黒田は未だ動けないままでしたが、

「やりやがった拓斗!!」

とその表情には笑顔が浮かんでいました。

 

 

あとは二日目に黒田が走れるのかどうかが問題ですね。

 

 

後続も次々ゴールインするなか、
ハコガクメンバーは喜びのポーズでゴールに飛び込んできます。

 

 

逆に総北のメンバーには笑顔はなく、
苦悶に満ちた表情でゴールに入ってきます。

 

 

まさに勝者と敗者の対照的な姿です。

 

 

 

ステージでは表彰式が始まり、
勝った葦木場ががウィングポーズで勝利をかみしめていました。

 

 

 

表彰と共に渡される黄色いゼッケン。

 

これこそがインターハイ1日目の勝者の証です。

 

 

二日目はこの黄色いゼッケンをつけて走るわけです。

 

まさに勝者のためのゼッケンというわけです。

 

 

二位の場所には総北の鳴子と京都伏見が。

 

 

観客からは

「ハコガクとの身長差がすごいな。マメツブ?総北」

という声が聞こえていますが、

 

それに対して

「こぉるあそこきこえとるでー!
誰がマメツブじゃーい!」

 

と関西人ならではのツッコミを入れる鳴子。

 

身長差は

「段差のせいや段差の」

と全部段差が悪いと言って聞きません。

 

観客も

「なるほど」

と納得し、段差を確認するために
葦木場と場所を変わる鳴子。

 

 

しかし、、

やはり葦木場のほうが高いーーーーーー!!

 

 

笑いが起きる表彰式で

「て何さすんじゃゴルァ!!」

とさらに笑いを獲りに行く鳴子。

 

 

先ほどまでの死闘が
うそのようなまるでコントのようなやりとり。

 

 

そして次いでファーストリザルト、
山岳リザルトの発表です。

 

 

グリーンゼッケン最速スプリンターの証
ファーストリザルトは銅橋。

 

レッドゼッケン山岳リザルトは真波。

 

 

そして1日目ゴールは葦木場。

 

 

会場では

 

「王座復権!

神奈川代表王者箱根学園がインターハイ1日目の
すべてのカラーゼッケンを手にしました!!」

のアナウンスの声。

 

それを不敵な笑みで見守るキャプテン泉田。

 

「これが、、、、
我が箱根学園のあるべき姿だ!」

 

 

泉田の願い通り、昨年の屈辱を晴らし
全てのカラーゼッケンを網羅して王座復権を果たしました。

 

 

くそ!!

くそくそ!!!!

二位!

二位

二位

二位!

全部二位だったことに対して
苛立ちを隠せない1年鏑木。

 

 

その苛立ちは怒りにかわり、
勝てなかった鳴子に対しての不満に繋がっていきます。

 

 

止まらない鏑木の怒り。

そして負けた鳴子に対する不満の言葉。

 

 

段竹が止めるのも構わずに
言いたいことを言いまくります。

 

全部二位すよ

 

スプリントも山もとられて

箱根学園に!

 

ゴールまで二位って
どうゆうことすか!

 

なのに、鳴子さんヘラヘラして
ステージで笑いとってんすか
自覚ないんすか!?

アホですか

悔しくないんすかあの人!

 

あんなんだから
二位になったんじゃないんすか!?

 

だから負けたんでしょ

鳴子さんは!

 

 

その言い過ぎともいえる言葉に顔つきが変わるメンバー達。

 

そして今泉が鏑木の頭をわしづかみにします。

 

止めようとする坂道に対し

「止めるな小野田。

バカに教えてやる」

 

と鏑木に何かを教えようとします。

 

 

「ハァ!?バカ!?

誰のことすかオレのことすか!?」

とその今泉の言葉に反論する鏑木。

 

 

今泉が語ったのは鏑木の知らない
ゴール前のスプリントでの出来事の全てでした。

 

 

「鳴子はゴール前全力でスプリントした。

オレは真後ろで見てたからわかる。」

そう語る今泉。

 

 

「ゴールラインギリギリ、
御堂筋が先に仕掛けてそれに鳴子は反応した」

 

「正確にかつ確実に勝つためにバイクを前に投げた、、、、」

 

確かに御堂筋よりも後に
鳴子はバイクを前に投げています。

 

これは勝つタイミングを計っていたからでしょう。

 

「タイミングは間違いなかった。

オレは、、、、勝ったと思った、、、、」

 

「だが全く同じタイミングで

葦木場がバイクを投げた」

 

そうなんですよね、

確かに前回のシーンを振り返ってみると
御堂筋よりも後に鳴子と葦木場はバイクを前に投げています。

 

 

「結果葦木場先輩が勝った」

「理由がわかるか」

鏑木にそう問う今泉。

 

「鳴子が悔しくないかだって?一番悔しいのはあいつだよ」

何故鳴子が一番悔しいのか、、、

それは、、、、

 

「あいつは、、、、リーチの差で負けたんだからな」

 

今泉が語ったのは、、、、

どうしようもない体格の差。

 

 

鳴子の体格では、ゴール前ギリギリの駆け引きの際には
その小ささがデメリットのなってしまうわけです。

 

 

いくら走りで負けていなくても、、、、

体格差は、、、変えようがないわけです。

 

 

しかし鳴子はその体格差で
負けたことを言い訳にはしなかった、、

 

ステージ上で体格差を笑いに変えて
言い訳など微塵も言わなかった、、、、

 

「それをわかって悔しさを噛み殺して
ステージに立ってんだよ」

 

「あいつは強い男だ」

 

 

そう今泉は鳴子のことを評しました。

 

それを聞いて表情が変わる鏑木。

 

 

鏑木の考えているようなことは全くなかった、、、、

それを今泉から聞いて無言になる鏑木。

 

 

この話が二日目の鏑木の走りに
どう影響するのかが注目ですね。

 

 

ステージでは笑いもとれる男を演じた鳴子。

 

 

表彰式が終わり、一人になった鳴子。

 

そこで悔しさがこみあげて来る鳴子。

 

 

悔しいわけがない、悔しすぎてたまらない、、、、

 

 

何故勝てなかった、、、何故、、、、、

 

 

鳴子章吉、、、

男泣きです、、、

 

 

その悔しさをバネにして
二日目は更なる走りを期待したいものですね。

 

 

皆さんはインターハイ1日目でどのシーンが好きでしたか?

是非あなたの意見をコメント欄に書いてみて下さいね♪

 

ちなみに僕はやっぱり。。

鳴子の男泣きシーンで号泣です!

 

 

 

 

 

 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 三 = 1

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?