弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 341話【御堂筋が発した意外な言葉とは?】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
img_20131210T222846046
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちわ!
今週の弱虫ペダル
少年チャンピオン最新話341話の感想を書いていきます!

弱虫ペダル最高です!!

 

 

 

弱虫ペダル 341話

 

熱戦が繰り広げられてきたインターハイ一日目もゴールまで残り三キロ。

 

 

ハコガクと総北の激闘に割って入った京都伏見の小鞠と御堂筋でしたが、

わずかな隙をついて御堂筋がアタック!!

 

 

そのアタックが見事に成功して、ついに京都伏見が単独トップに躍り出たのでした。

 

 

しかし、、それを逃がさなかった一人の男が!!!!

 

 

上がってきた先頭は、、まさかの京都伏見!

10分前の速報と違う先頭に戸惑う沿道の観客達。

 

 

それは驚きますよね、

このわずか10分の間に先頭が入れ替わって、

しかも今まで全く姿さえ見えなかった京都伏見が現れたんですから。

 

 

 

まさに御堂筋の戦略が功を奏したかたちとなったわけですが、、、、

 

あの混乱に惑わされず唯一ぴったりついてきたのが

総北の赤い男、、、、三番鳴子!!!

 

 

鳴子だけが御堂筋の姿を見失うことなく追っていたのでした。

 

 

現在後続は見えない、、

 

二人が完全先行の状態。

目まぐるしく変わるトップ争い、誰がゴールをとるのか!!!

 

 

 

「ププッ去年の冬のこと?忘れてへんかやて?はて、、何かあったかなぁ?季節変わってしもうたからなぁ」

 

 

鳴子の問いに対しとぼけた返事を繰り返す御堂筋。

 

しかしその胸中はついてきた鳴子の実力に驚きが隠せないようです。

 

 

「ついてきたボクゥのアタックに、、マメトサカクゥン!!!!!」

 

 

ゴールまでは登りが続くコースなのですが、

その登りのアタックに鳴子がついてきたことに驚く御堂筋。

 

 

 

それもそのはず、鳴子はスプリンターですから、登りは苦手だと御堂筋は思っていたのでしょう。

 

 

本当にスプリンターをやめてオールラウンダーに、、、

御堂筋は冬のことを思い出していました。

 

 

「ごめんやわ。やっぱり思い出せんわマメトサカクゥン」

 

そう言った言葉とは裏腹に、

御堂筋の目には明らかに覚えているという光が見えます。

 

 

「めっちゃ覚えとる目やないか!!」

 

鳴子もその目を見て御堂筋が冬のことを忘れていないと確信します。

 

 

「ププ、、リンターそういう大事なもんキッチリ捨てれる男は嫌いやないよ!?ボクゥ!」

 

 

御堂筋が鳴子にそう話しかけます。スプリンターをププリンターと言っちゃう御堂筋のお茶目さが

緊迫したシーンを和ませてくれました♪

 

 

「アホか。それを取り戻すためにワイはここに来とんねん!!」

 

 

大事なものを取り戻すためにここに来たと言う鳴子の目は真剣そのもの。

 

 

冬に御堂筋に負けて男らしくスプリンターからオールラウンダーに転向したけれど

やはりスプリンターとしての誇りは捨てていなかったようですね。

 

 

「ええよ。面白そうやしやろうか。ただし、、、ボクゥに追い付けたらの話や!!!!」

 

 

鳴子の挑戦を受け入れ勝負しようと言う御堂筋。しかし言うや否や御堂筋が加速。

 

 

 

しかもつづらの登りで!!

 

御堂筋は登りも平坦も早くなっているようですから、

天性のオールラウンダーなのかも知れません。

 

 

 

そして昨年も見せた異様に前傾したダンシング。

 

これこそ御堂筋の真骨頂です。

 

見た目なんか関係ない、ただただ早ければそれでよいという走り。

 

 

「登りがいくら速くなったとはいえしょせんはスプリンターちょっとやそこらの努力じゃあボクゥにはついてこれんよ!?」

 

さらに加速する御堂筋の走り。

 

しかし、、、、それにぴったりついていっている鳴子!!!

 

 

鳴子の努力はちょっとやそこらの努力ではなかったのでしょう!!

もはや鳴子に死角なしと言ったところでしょうか。

 

その走りに驚き、、、、

御堂筋の口からまさかの言葉が出てきます。

 

「協調しようか、ゴールまで」

 

まさかの協調という言葉!!!

あの御堂筋から協調という言葉が飛び出しました。

 

 

このまま二人で協調して逃げてゴールまで先着。

 

自分は京のゴールよりも最終日の順位のほうが大事だから、

ゴールは友情の証として鳴子に譲ると言いだします。

 

 

平和的な協調を勧めてくる御堂筋に対し、鳴子が放った言葉は、、、、

 

「ブラフやろ!!!!」

でした。

 

それを聞いた御堂筋は

「ブラフや!!」と言い鳴子を置いて加速を始めます。

 

 

さらにさらにさらに加速する御堂筋。

 

少しずつ離れていく鳴子との距離。

 

しかもまだとっておきがあると御堂筋は鳴子に言い放つのでした。

 

 

鳴子が早くなっているのと同様、御堂筋も大きく進化しているのでした。

 

 

後方では、不意を突かれた黒田と葦木場、今泉が全開で御堂筋を追っていました。

 

 

「キョリどんくらいだ、、あの京都。とにかく追い付かねぇと話にならねぇ」

追いつくことに必死の黒田。

 

 

「俺たちハコガクがゴール前にいねぇっつのは、、、、許されねぇんだよ!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

王者のプライド、もしくは託された想いでしょうか、、、ゴール前にハコガクがいないことは許されることではないという黒田。

 

 

 

常に先頭で走るという重圧もあるのでしょうね、常勝軍団には。

 

 

 

ここでついにスイッチを入れた黒田。

 

明らかに顔つきが変わり、走りも知的なものから野性味あふれるものへと変貌を遂げます。

 

 

 

 

ふりおとされんよるああおお!!!!!!

 

 

 

叫びながら爆走する黒田と葦木場。

 

ここで黒田から今泉に驚きの言葉がかけられることになります。

 

 

 

なんと、ここでも協調の話が!!!

 

 

 

今泉に協調を持ち掛ける黒田。

 

今黒田の頭の中にあるのは、先頭を行く御堂筋に追いつくことただそれだけ。

 

 

 

そのためには今泉の力も必要だと考えたのでしょう。

「あの御堂筋を止めてぇんだろ」

 

そう今泉に話かける黒田。

 

とにかく追いつくことが最優先。そのための協調です。

 

 

 

「協調するのはそこまでだ。ただしおめぇが、、、オレの速度についてこれたらの話だ!」

 

 

果たして今泉は黒田の誘いに乗って強調するのか、先頭を行く御堂筋vs鳴子の勝負の行方は!?

 

 

 

 
 

弱虫ペダルについてあなたの感想をお聞かせください!
弱ペダをさらに盛り上げましょう♪

コメントをどうぞ♪

 
 

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


四 − = 3

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?