弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ9巻の感想【御堂筋出陣!】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル単行本9巻のネタバレと感想です。
9巻からいよいよインターハイが始まっていくのですが、
その前に超重要人物が9巻から登場します。

今泉の最大のライバル「御堂筋」。

前回記事(金城対福富の壮絶な過去)に続き、
今度は今泉と御堂筋の過去も取り上げていきます。

 

インターハイがはじまる!

いよいよインターハイが始まります!

金城、田所、巻島にとっては最後のインターハイ。
この大会に命を懸けています。

インターハイでは各学校にゼッケンが渡されます。
このゼッケンにもいろいろな意味があったので紹介していきますね。

 

ゼッケンの上の方の数字時は去年の成績順に並んでいるようです。

ですので総北の場合は、
去年170位だったため今年は170番台という訳です。

そして下の番号はエース順に並べられているようですね。
金城は総北のエースなので171番。

小野田はまだまだ実力も経験も乏しいので176番という訳です。

 

 

そして去年の覇者には栄光のゼッケンが与えられます。

それが一桁番号。

 

去年の覇者「箱根学園」には一桁のゼッケンが与えられているのです。
王者の証という訳ですね!

 

 

御堂筋の登場!

さて、いよいよあの人物が登場してきます。

今泉がコテンパンにやられたというあの男。
今泉をここまで本気にさせた男がついに登場してきます。

 

そしてその男は、かなりの「異質」でした。

人としてかなりの変わりもん。

 

こんな男です。

 

御堂筋が初めて顔出ししたシーンがこれ。
かなりのインパクトです。

ステージ上では去年の優勝校である
箱根学園がインタビューを受けています。

そんな中この御堂筋がマイクを取り上げ、
こんなセリフを発するわけです。

これには周囲もびっくり!

この登場シーンは最高ですね!
これからの戦いが益々面白くなってきそうです。

 

御堂筋と今泉の過去

今泉は弱虫ペダルの最初の巻ですぐに
御堂筋にリベンジすることを誓っています。

そのためにかなり厳しいトレーニングも積んできました。

では今泉と御堂筋にはどんな過去があったのでしょうか?

9巻ではそのことに触れられています。

 

 

ステージの上で見たことも無い動きをします。
今泉に対して愚弄し、「キモッキモッ」というのです。

「どっちがだよ!」と思うのは当然の感情です。

 

ではいったい去年のレースで彼らに何があったのでしょう?

 

御堂筋はレース中に今泉に最低な嘘を付くのです。

「お母さんが事故に遭ったらしい。」 

レース中にこんなことを言われた今泉は動揺し失速します。

それによってこのレースは負けてしまいました。
しかし御堂筋にも言い分がありました。

 

「母親が死んだくらいでペダルを緩めたりしない。」

これは御堂筋のレースへの情熱が今泉と違っているということを
彼は言いたいのだと思います。

「何かの問題が起こったくらいで
レースに支障をきたす奴なんて本物じゃない!」

こういった事を今泉に伝えたかったのでしょう。
そう言われると「確かにな。」と思います。

それにしても手口が悪質です。

そしてその言い方がかなり苛立たしい。

これで毎回敵を作っていると思うのですが、
それでも御堂筋には全くお構いなし。

それどころか1年の御堂筋は3年の先輩を自分の兵隊だと思い、
信じられないような態度で扱います。

 

3年の先輩の顔を掴み、
「クン付けしろ!」というのです。

おそろしい。。。

御堂筋がいかに人間離れしているかが分かりました。
登場してから1回も期待を裏切らない苛立たしさです。

最高の悪役といった感じですね!

 

次回からはいよいよレースが始まっていきます。
劇的なレースがついに始まります!

★弱虫ペダル ネタバレ9巻の感想【御堂筋出陣!】 おわり

 

⇒弱虫ペダル9巻の続きはこちら。

 

感想

ついに御堂筋が登場しましたね!
これまたひどい人物です。

弱虫ペダルは個性豊かなキャラが登場するので人気が高いんですね^^

本当に期待を裏切らない!
期待をはるかに超えたおもしろいストーリーです!

 

御堂筋は「母親が死んだくらいでペダルを緩めない」と言いました。

これはかなり考えさせられるセリフです。

僕は母親が死んだらすぐペダルを緩めるタイプです。
試合を放棄してすぐに母親のところに向かうと思います。

別にマザコンという訳じゃないですよ!
でもこれって普通のことだと思います。

家族に不幸があればすぐにそっちに行くのは当たり前です。

 

しかし御堂筋は「そんなことではダメだ。」と言います。
これも正論だと思いました。

今までにいろいろな本を読んできましたが、
確かに人より突き抜けている人物はみんな御堂筋的な考えです。

世間一般に成功している人は、こういった考えを強く持っていると思いました。

 

「どんなことがあってもこれだけは貫き通す!」

こういった強い感情が無ければ誰かに勝ることはできず、
結果を出すこともできないのだと感じました。

御堂筋の態度はかなり苛立たしいのですが、
言っていることにはごもっともなところが多々あります。

そういった観点から見るといろいろな学びがありますね!

 

ちなみにアニメでの御堂筋の声優さんが決まりました。
かなりピッタリの声です!

声も聞けるし画像も見れるので是非チェックしてみてください^^

⇒弱虫ペダルアニメ版、御堂筋の声優はこの人!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


6 − 二 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?