弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 8、9巻のネタバレと感想【箱根学園福富の悪事】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル8、9巻のネタバレと感想を綴っていきます!

今回は、8、9巻の一場面をピックアップしてみました。

この場面は、去年の広島インターハイの様子です。
広島インターハイは箱学が優勝。

しかし本来は総北もいい勝負をしていました。

2年当時の金城がエースとして総北を引っぱり、
箱根学園と互角に戦っていました。

金城と福富の一騎打ち!

ここにものすごいドラマが待ち受けているのでその場面を見ていきましょう!

 

一人で戦う福富の弱さ。

福富と言えば箱根学園の現キャプテンです。

 

まさにストイックで泣く子も黙る怖さを持っています。

そんな彼には忘れてはいけない過去を持っていました。
それが去年の広島インターハイでの出来事です。

 

その当時福富はかなり天狗になっていました。
家系もロードレーサー一家で子供の頃からずっと勝ち続けていました。

「自分一人で今まで勝ってきた!」

これが彼が思っていたことです。
ですのであまりチームワークを大事にするタイプではなかったのです。

実力主義。
自分の力だけがすべて。
他人は自分より格下の連中ばかり。

これが彼の心の中だったのです。
今まではこの考えで通用してきました。

しかしこの大会である人物と出会い、それが間違っているということを思い知らされました。

それがこの男です!

 

金城です!

彼は福富と考え方が全然違っていました。

金城は仲間を大事にするタイプです。
常に仲間を思いやり、助け合うのが彼のポリシーです。

そして仲間のことや敵のことを悪く言わないのも彼の精神。

福富と全く違う性格に「俺のやり方とは違う!」と名言します。
そして、チームワークが最も大事なんだということを
この勝負で証明しようとするのです!

 

金城の根性は半端じゃありません。

力ではダントツに福富の方が上を行っています。
福富も金城は相手ではないと軽視していたのですが、
ずっと付いてくる金城に次第に焦りを感じてきます。

 

普段は冷静な福富も、ここまでの人物に会ったことはありませんでした。

「金城は何かを持ってる。。。」

このとき初めて金城という男の大きさを知るのです。

 

福富は今まで負けたことがありません。
追い越されたこともなかったのです。

 

しかし初めて金城に抜かれそうになりました。

そのとき福富はやってはいけない行動を出してしまったのです!

 

 

 

 

福富も無意識のうちの掴んでいました。
彼のプライドがそうさせていました。

やってはいけないことをとっさにやってしまったんです!

 

まさに悲劇です。

 

 

もの凄いスピードの中で二人とも落車します。
福富はまだ良かったんです。

掴まれた金城はまさに悲劇でした。

ガードレールに衝突し血まみれになります。
あばら骨が数本折れている状態です。

 

それでも金城は立ち上がる。

こんなことをされても金城は福富に責めよりません。
再び立ち上がりこぎ始めるのです!

「絶対にあきらめない!」

これがこのとき発した言葉です。

結果は69位と惨敗してしまいます。
一度はトップにいた順位もこの事故で69位に転落してしまうのです。

 

やっとの思いでゴールした金城にチームメイトが近寄ります。
そして彼の怪我を見てびっくりします。

「どうしたんだ!?大丈夫か!?」

 

金城はこう言います。

 

「落車は単独だった。俺の力不足だ」

なぜ彼は福富のせいにしないのか。
サイト運営者にはわかりません。

なぜ彼をかばうのでしょうか?
なぜ自分を責めるのでしょうか?

 

僕なら声を大にして「福富にやられた!!」と言います。

事実を伝えるべきだと思うのですがなぜ金城はこのような行動に出たのでしょう。

この後福富は自分がやったことを告げます。

 

頭を下げ、心からお詫びをするのです。
しかし今まで必死に練習してきた田所はこの行為を許せません。

 

力一杯殴るのです!

これが当然の行為だと思います。

今までの努力が福富の行為ですべて水の泡です。

しかしなぜ金城はここまで冷静なのか。
彼の本心はどうなのか。

ここでは述べられていません。

 

 

考察

金城は福富ですら仲間と思っていたのかもしれません。
もしかすると金城も同じような経験をしたのかもしれません。

福富の思いがわかるからこそ許せたのかもしれませんね。

または、掴まれたことはただの事故だとしか受け止めてなかったのかもしれません。
金城はいつも「ロードレースは何があるかわからない」と言っています。

ですのでこの事故もただ一つの不運な事故だったと受け止められたのかもしれませんね。

 

どちらせよこの出来事で金城はさらに成長しました。

辛い経験でしたがまた金城は大きくなりました。

 

⇒弱虫ペダル9巻の続きはこちら。


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 一 = 5

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?