弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 31巻のネタバレと感想【杉元の終わり】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダルの漫画単行本、31巻後半を読んだ感想を書いていきます!

★前回あらすじ

いよいよウェルカムレースの始まり。
その中にはこれから総北を担っていく1年のメンバーもいます。
特に鏑木と段竹は際立っています。

その中に混じり前代未聞の2年生も混じってレースをするのです。
その2年とは杉元。

「僕は経験者だから!」が口癖の彼。
このレース、彼がドラマを作ってくれそうです!

⇒弱虫ペダル単行本31巻前半のネタバレ感想はこちら!

 

杉元 終わるのか?

一時は差をかなり離していました。
杉元は今までの練習の力を発揮し、鏑木と段竹との距離を広げます。

しかし。

1年の二人はかなり強かった。

 

段竹は本領発揮!
まさに獣です!け・も・の。

あれほど差が開いていたのに一瞬で杉元を追い越すのでした。

杉元は追い越されたときかなり弱気になります。
「もう追いつけない。だめだ。。。」

半ばあきらめかけていたとき。

後ろから思いっきり怒鳴り声が聞こえてきます!

 

その声の主は今泉。
今泉はあきらめかけた杉元に激を飛ばします。

それによって杉元は力をとり戻します。
今を耐え抜く。

これが杉元に課せられた試練です!

杉元はなんとか1年に食いつくのですが、
どうしても彼らの方が上なのです。

 

誰がどう見ても適わない。

そんな感じです。

もちろん杉元は必死!
彼も本気でレギュラーの座を狙っていました。
弟がこの自転車部に入部してきたこともあり、
カッコいい兄でありたいと思っているはず。

そういうこともあり杉元は今までにない走りを見せるのです。

 

しかし、いくら頑張っても前にいる鏑木と段竹に追いつけない。

 

 

 

後ろからは彼らの走りを見守るための回収車兼視察車が来ています。

その中には小野田や今泉、鳴子、手嶋、寒咲幹、寒咲兄が乗って見守っているのです。

寒咲兄は手嶋に訪ねます。

「手嶋、どうする?」

手嶋はこう答えます。

「先頭を追ってください。
杉元は現実的に前の二人には追いつけない。」

 

これはつまり、杉元はもうレギュラーにはなれないということなのでしょうか。
手嶋は杉元に見切りをつけたということなのでしょうか?

 

 

手嶋らを乗せた車は杉元を追い越し先頭の二人を見るため先に行きます。

それを見た瞬間、杉元は。。。

 

自分はもう終わってしまった・・・

杉元はそう感じ、立ち止まってしまいます。
見捨てられた。

きっと彼はそう思ったのでしょう。

今泉は杉元のためにいろいろ教えてきました。
技術面から精神面までサポートしてきました。

今泉にとっても杉元にとってもこの追い越しはとても辛いものです。

今泉は「杉元に支えとなる仲間がいればもっと強くなれるのだが。」

と感じます。

 

杉元を支える仲間。
そんな存在がいれば杉元は強くなる。

 

実は彼には支えとなる存在がいました!

 

そう!

彼の弟、杉元定時です!

彼が杉元兄を支える存在となったのです!!

この二人が今力をあわせて前の二人を追走します!

もの凄い勢いです!!

あきらめない杉元!
彼を支える弟に定時!

 

この二人がこのウェルカムレースにドラマを与えてくれそうです!!

★弱虫ペダル 31巻終わり

⇒32巻に続く。(32巻の発売は1月8日です。)

弱虫ペダル 31巻の感想

31巻は新生総北が誕生しました。

その中で毎年恒例のウェルカムレースが開催されています。
今年もまたドラマが生まれそうです。

 

その中で時に印象的なのはやはり杉元です。

彼は強い意志を持っていました。

必ずインターハイに行く!

それが彼の持っていた目標です。

その強い思いでウェルカムレースに望んでいます。

 

しかし31巻の最後の方ではあきらめかけていました。
1度は立ち止まったのですが、弟の支えがありなんとか力を奮い立たせます。

 

この中で印象的だったのがこの場面。

 

手嶋は杉元を見捨てた訳ではなかったのです。
「あいつは絶対に来る!それが総北で頑張ってきた奴の根性だ!」

手嶋は杉元を信じていました。

だから先に行き、鏑木と段竹にそのことを伝えたのです。

 

「気を緩ませるな。レースは最後までわからない。」

 

このことは本当に大事なことを教えてくれています。

気を緩ませたらそこで試合は終了してしまう。
人生は最後まで気を緩ませることはできない!

最後まで全力で生きていくべきなんだ!

サイト運営者はこのように捉えてしまいました。
かなり大きく捉えたのですが、
でも凄く大事なことを教えてくれている場面です。

 

・人は目標を持つと強くなる。

・あきらめない人は必ず光を見る。

・支える仲間がいることは最高!

・気を緩ませたらそこで試合終了だよ。

このことを31巻から学ばせてもらった気がします!

32巻が早くみたい!!

弱虫ペダル最高!!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


1 + 八 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?