弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 2期 5話のネタバレと感想【広島呉南工業高校の待宮登場!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日、、、レースに出えへん、、
マスク姿でそう言う御堂筋。

 

この言葉に京伏のメンバー達に衝撃が走ります!!

 

前回のネタバレと感想はこちら。

弱虫ペダル4話【御堂筋の母の死と御堂筋の強さ】

 

 

 

御堂筋にとって、二日目の負けは非常にダメージが大きかったようですね。
もはや走る意味が無いと感じた模様。

 

 

そのゼッケン、捨ててもかまわんよ。
そういって石垣が持ってきたゼッケンを受け取ろうともしません。

 

 

 

頼む!!走ってくれないか!!やっとここまできたんだ!!そう懇願する石垣。

 

 

 

チームのために走ってくれと頼む石垣を他所に、手を尽くして全てを出したそれでもだめか、、、と、
もはや闘志のかけらも無い御堂筋。

 

 

京伏自転車部は今日で解散や。
そういって自転車に乗り宿舎を後にした御堂筋。

 

 

本当に御堂筋はレースを棄権して京都に帰ってしまうのか、、、、

そこに買出しを引き受けた坂道が自転車に乗って登場。

 

 

話しかけずに素通りするのは悪いかなと思って、御堂筋に話しかけたみたいですが、、、、

御堂筋はガン無視。焦る坂道。こういうところでも坂道の真面目さがモロに出ていますよね。

 

 

とりあえず話しかけないと悪いと思うところが坂道らしいですね。
今泉だったら確実に無視してますよね、御堂筋と確執もあるし。

 

 

 

坂道が意を決して御堂筋に前からすごく気になっていたことがあると言います。

しかし御堂筋は、気安く話しかけるなと突き放します。

 

 

 

でも聞くのを諦めない坂道。
気が弱そうだけど一度決めたらしつこいくらい諦めないのは坂道の良いところですね。

 

 

 

このしつこさがレースにも現れていますし。

 

 

ザク、ザクって言ってるけど、アニメ好きなの?
坂道が聞きたかったのは御堂筋が言っているザクの意味だったようです。

 

 

唖然とする御堂筋。まさかアニメが好きかどうか聞かれるなんて思ってもみなかったはずです。

 

 

 

アニメの話をする人がいなかったこと、秋葉原へ通っていたこと、
夏休みは毎日欠かさず秋葉原へ自転車で行っていたこと。

 

 

それを嬉しそうに話す坂道。
スポンサーリンク

毎日、、欠かさず、、、!?
それを聞いて御堂筋の脳裏には、大好きだった母がいた病院へ毎日通っていたことを思い出します。

 

 

そして、御堂筋に少しだけ変化が起きるのでした。

 

 

 

坂道に、薬局までの道のりで勝負をしてやると言い始めます。
勝てたらいくらでもアニメの話をしてやると。

 

 

それを聞いて一気にテンションが上がる坂道。
こうして薬局までの道のりだけですが、御堂筋と坂道の勝負が始まったのでした。

 

 

 

一気に突き放そうとする御堂筋。
しかしそのスピードに特有のケイデンスで追いつく坂道。しかも顔は笑っています。

 

 

その笑顔を見てキモいを連発する御堂筋
そしてあることに気づきます。

 

 

 

昨日も今日も苦しそうな顔をして走っていた坂道、あれが限界だったはず。
しかしレースのときよりも笑顔のときのほうが圧倒的に速いということに。

 

 

そして薬局に到着。坂道は御堂筋を抜くことは出来なかったようで、
アニメの話しが出来ないことに本気で落ち込みます。

 

 

 

その時御堂筋が坂道に「一個だけ質問がある」と言います。

アニメの話かと喜ぶ坂道。

 

御堂筋の聞きたかったことはアニメのことではなく、
何故走っているときに笑っていたのかということでした。

 

 

 

ついついなんです。誰かと一緒に走っていると楽しくて
嬉しくなってつい笑ってしまうんです。

 

そう答える坂道。

 

 

自転車に乗ると楽しくなる、、、、お前、、、キモいな。
そう坂道に言う御堂筋。

 

 

そして母が言った「アキラ、自転車に乗るようになってよう笑うなぁ。」という言葉を思い出していました。

 

 

その頃箱学では真波がいてもたってもいられなくなり、一人トレーニングに出かけていました。

 

 

緊張感を持たないといけないのに登りだとつい笑ってしまう、、
そう言う真波。

 

 

そう、ここにも坂道同様登りで笑う男がいたのです!!

 

 

そしてついにインターハイ三日目。泣いても笑っても今日で勝負が決まります。

 

 

 

箱学、総北、そして京伏。
各々がそれぞれの目標のために走ります。
もちろん目標は同じ、、、インターハイ優勝!!

 

 

 

レース直前、未だ現れない御堂筋を探しまわる石垣。

 

手段がどうであれ、昨日のレースで6位に入れたのは御堂筋のおかげだという石垣。

 

 

 

俺がゴールまで連れて行くという強い決意の元、御堂筋を探し回ります。
しかし御堂筋は何処にもいない、、

 

 

諦めかけたその時、
「こんな時間にこんなところにいたらアカンよ。スタート位置で待っとかんと」

 

と京伏のジャージを着た御堂筋が現れます。
その姿は気分を一新したかのように丸刈りになっていました。

 

 

そしてひび割れた前歯も元通りに!!!
どうやら昨日の坂道との走りで何かが吹っ切れた御堂筋。

 

 

厄介な相手が復活してしまいました。
果たして坂道との邂逅で何が変わったのか、注目です。

 

 

そして総北のマネージャー寒咲に近寄る怪しい影。
わしと付き合わん?と寄ってきたのは広島呉南工業高校の待宮!!

 

 

 

ワシ、星もっとるよと、不敵な笑みを浮かべる待宮。
なんと呉南は昨日のレースで落車に巻き込まれたにもかかわらず、
メンバー6人全員が最終ステージに残っていたのです!!

 

 

ここに来て思わぬ伏兵の登場か!?大会三日目は波乱の予感でスタートです!!

スポンサーリンク


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


九 × 8 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?