弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 12話 感想!!最新動画ネタバレ【悪魔の合宿はじまる!】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル12話動画の感想とネタバレです。

★前回あらすじ

肉弾列車~通りま~す。

 

⇒弱虫ペダル 11話 動画のネタバレと感想【総北名物 肉弾列車!】

 

 

悪魔の合宿はじまる!

いよいよインターハイに向けた最終調整。

合宿が始まります!

 

この合宿は伊豆にある自転車専用の施設で行われます。

今まで東京以上先に行った事のない小野田。

悲しくも車用に遭ってしまうのです。

結局小野田はここで下されみんなは先に行きます。

外で待つことになった小野田は後で寒咲兄が迎えにくることになっていました。

田所が寒咲兄にお電話。

小野田の状況を伝えます。

小野田は一人ここで待つことになりました。

 

小野田は気分を良くしたいと思い自動販売機でスポーツドリンクを買おうするのですが。

 

しかし!

財布を車に置いてきてしまった!

絶体絶命の小野田は炎天下で焼けた道路にひらひらと倒れてしまいました。

 

 

 

そこへ登場したのがこれから小野田と対決することになる真波山岳

真波山岳は小野田にポカリを渡すのです。

倒れ込んでいた小野田は救われます!

一気にポカリを飲み一命を取り留めるのです。

 

なぜ真波は見ず知らずの人を助けたのか。

彼にはこういったモットーがありました。

「山で困っている人がいたら見捨てられないんだ。」

笑顔で語る真波。
彼は心から山を愛する山の住人。
坂道をこよなく愛する人だったのです。

(小野田坂道の事じゃないよ。山の坂道のことだよ。)

 

これが初めて真波と小野田が出会った瞬間でした。
この出会いからまた新たなドラマが生まれていきます!

 

お部屋で。

小野田も無事施設に到着。

この部屋で4日間みんなと過ごすのですが、
鳴子は今泉と4日間も一緒にいることが嫌だったのか、

今泉に文句言うのです。

今泉も今泉で冷静に鳴子を侮辱します。

お約束の場面ですね^^

さて小野田と杉元に目を移してみましょう。

彼ら2人はなんか持ってきてました。

杉元はツールドフランスのビデオ。
「これをみんなで見よう!僕は経験者だから!」

という事を言っていました。

これに対して鳴子もテンションが上がり大喜び!!

 

一方小野田はまたなんか個性的なもの持ってきましたよ!

見てみると「ラブヒメEX」と書いてある様子。

これが小野田のパワーの秘訣!

ですが見る暇なんかないという事を聞かさせてがっかりする小野田君でした。

 

※この場面は確か漫画にはなかったと思います。
アニメのために特別に作成されたシーンです。

なんかお得ですね!! 

 

ついに始まった!!

いよいよ合宿が始まりました!!

みんな一斉にスタート!

この合宿は4日間で1000キロを完走するという練習です!

4日間で1000キロなんて半端じゃない距離ですね。
しかし、もし完走できなければインターハイメンバーに入ることはできません。

完走が絶対条件となっている訳です。

 

4日間で1000キロ。

 

これだけでもヒドイのですが、
鳴子と今泉と小野田にはさらに試練が与えられました。

 

鳴子にはハンドルを変えるといった試練。

ハンドルが棒ハンドルに変えられ風の抵抗を受けやすく、
力が入らない状態になってしまうのです。

 

今泉にはシフトを取りあげるといった試練。

シフトを取られたことで細かなシフトダウンやアップができなくなってしまいました。

そのため坂ではダンシングで登っていかないといけません。
体力的にも精神的にも大きなダメージです!

 

小野田にはホイールを変えられるという試練。

小野田には古くて重たいホイールが装着されていたのです。

これによって坂道は上りづらく、かなり精神的にきつくなります。

 

3人は金城に期待されていたのようで、
こんな試練を与えられてしまうのです!

これで1000キロを走らないといけない。
とてつもなく大変な合宿となりました。

 

 

巻島が小野田を救う!

さて、小野田は古いホイールに変えられてしまった事で、
今までのように軽やかに走れません。

坂道を上るのも一苦労で楽しくないんです。

何かに引っ張られている。

そんな感じを思わせるほどいつものように走れない。

 

小野田は足を止め、絶望するのです。
「僕には無理だ・・・」

 

 

そんな時に後ろから巻島が着ました。

「よう!ルーキー!どうしたっしょ?」

 

落ち込んでいる小野田に声をかけます。

そしてこう言うのです。

 

「レースに勝ったら自分を讃えろ!レースに負けたら機材を疑え」

 

小野田が今悩んでいるのはお前が悪いんじゃない!
機材が悪いんだ!

 

こういう事を言って小野田を励ますのです。

そして実際にタイヤを取って機材が悪いことを見せます。

 

 

それから巻島の昔話に入っていきます。

巻島は1年当時遅く、周りからバカにされる存在でした。

「変なこぎ方。お前は遅い!」

こういった事を言われ続けてきたのです。

しかし巻島はあきらめなかった。

 

真冬でも毎日毎日個人練習に励んだのです!

最初はバカにしていた連中も巻島の成長ぶりを認めます。

巻島は地道に力を付けたことによって
ついに周囲を越し、レースに勝つようになっていったのです。

 

巻島は苦い過去を経験し、それを超えてきました。

 

ですので今の小野田の挫折感をよく理解していました。

 

巻島は最高の言葉で小野田に助言するのです。

「小野田、お前は自分の得意なものに蓋をされたらどうする?

待つ?逃げる?引退する?落ち込むか?

突破するっきゃないっしょ!!

 

巻島は今の現状を突破しろ!と言うのです。

 

小野田はこの言葉で再び力をみなぎらせます!

また再び走り始めたのです!!!

 

★弱虫ペダル 12話動画 おわり。

 

⇒弱虫ペダル13話動画はこちらから!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


9 + 五 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?