弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 動画 9話 ネタバレと感想【小野田の奇跡!ウェルカムレースの結果】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル動画9話のネタバレと感想をお伝えします。
テレビ放送された弱虫ペダルの9話です。

★前回あらすじ

前回は鳴子と今泉の追いつくという奇跡を起こした小野田。
絶対に不可能と言われていたことも小野田はあきらめず、
「必ず追いつく!」

という強い思いでレースに挑みました。
そしてついに今泉と鳴子に追いついたのでした!!

そして今度は今泉と一騎打ちに!!

⇒前回8話の詳細はこちらからどうぞ。

 

全力 対 全力

今泉と鳴子に追いついた小野田。
しかし、山が苦手な鳴子は急に失速します。

そのため小野田は今泉と一騎打ちになるのです。

負けることが許されない今泉。
鳴子と「今泉に勝つ!」ことを約束した小野田。

この二人の魂は激突します。
山頂まで残り500メートル!!

山頂を制する者には山岳賞という賞が与えられます。
二人はこの賞のために全力でぶつかっていくのです!

 

今泉は楽しそうです。
久しぶりにこんなに熱くなったという感じで、
小野田との勝負を楽しんでいます。

 

 

 

小野田もいつものように笑顔。
彼は山を登るとき、いつも笑顔なのです。
根っからのクライマーであり、
心から山登りが大好きなアニメオタクメガネなんです。

 

 

ふたりのレースは熾烈を極め、まさに全力対全力
普段見ることができないくらい魂をかけた戦いになっています。

 

 

しかし、やはり今泉は経験者でもあり全国屈指の選手です。

今泉はダンシングでラストスパートをかけ小野田を引き離すのです。
さすがの小野田ももう追いつけません。

これで終わりか。

 

そう思った時!!

 

 

小野田が立った!!!

今泉の誤算でした。
小野田はダンシングができないと思っていたのです。

それもそのはず。
さっきまでママチャリに乗っていた奴が
いきなりロードレーサーで立ってこげるはずがないと思うにも分かります。

「小野田はダンシングができないから今泉には勝てない。」

この事はほぼ全員が思っていたことでした。

 

ですが!

 

 

 

 

小野田が立ったのです!
立ってこげないと思われていた小野田が立ちました!
しかも超速い!!!

 

再び今泉と並びます!
これには今泉も焦りを隠せません。

このレースでこんなに成長する小野田を見て、
焦りを感じたかもしれません。

 

今泉は小野田に接触します。
わざとなのか、偶発的なのかは分かりませんが、
それほど今泉も本気で戦っていたことがこの場面から分かります。

一瞬でも気が緩んだ方が負け。
まさに全力勝負です!

 

小野田の奇跡!!

頂上まであとわずか!

果たしてこの勝負どっちが制するのでしょうか!?

まさに戦いは熾烈!
戦場さながら、命を懸けた戦いです!

 

 

 

 

 

ついにゴールの時!

二人は最後の力を振り絞ります。

そして小野田が出した言葉、それは、

「ヒメ!!」でした。

ヒメ?ヒメってラブヒメのこと?

全力で戦っている中で瞬間的に出た言葉がこの言葉だったのです。

彼をここまで戦わせていたのは
まさにヒメの力だったことがここで判明しました。

ヒメの力恐るべし。
この漫画のシュールさにはいつも脱帽です (。・o・。)ノ

今泉を超す!

「ヒメ!」と叫んだ瞬間奇跡が起こりました。

小野田の背中を押すかのように小野田は最後加速します!

なんと!今泉を抜き去ったのです!

 

 

 

 

 

奇跡の瞬間を目のあたりにする先輩方と寒咲。

金城キャプテンは、小野田は絶対に今泉に勝てないと豪語していました。
しかし、まさかの小野田勝利にとっさにグラサンを外しました。

田所っちや巻島先輩もこの小野田勝利に
開いた口がふさがらないといった感じです。

寒咲の目は輝き、この奇跡を心から喜ぶのでした。

 

 

小野田力尽きる。

死闘を繰り広げた小野田。
しかし彼に余力は何もありません。

金城キャプテンが言ったように、
「このまま行けばお前はリタイヤする可能性が高い。」
といったことが実現しました。

小野田は力尽きたのです。

 

意識が遠くなり今泉がどんどん離れていきます。

そして。

 

落車。
かなりのスピードが出ていただけに激しく落車します。

この戦いの壮絶ぶりが分かりますね。

 

 

そんな時詰め寄ってくれたのがこのお人。

 

目に涙を浮かべているのでしょうか?
小野田の手を強く握りしめ彼の健闘をたたえるのでした。

 

 

小野田はリタイヤしてしまいました。
しかしこのレースはまだ終わっていません!

今泉は先に行き、鳴子は下り坂から再び追い上げを開始します。

 

鳴子は小野田と約束します。

「俺に任せていけ!」

 

小野田と鳴子は熱いハイタッチで友情を深めました。
小野田の意を継ぐ鳴子だったのです。

 

差を離されていた鳴子は今泉を猛追し、再び並んだのです。

そしてウェルカムレースゴール間近。
デットヒートが繰り広げられるのでした。

 

意地と意地のぶつかり合い!

どちらも負けられません!

果たしてどちらがウェルカムレースを制するのでしょうか!?

 

 

 

 

 

このレースは僅差で今泉が勝利しました。
どちらが勝ってもおかしくない勝負。

彼らもこの勝負に全身全霊をかけたのです。

レース直後彼らはぶっ倒れます。
まさに最後の一滴まで力を出し切ったのでした。

 

 

 

この場面を目にした小野田。
今までの自分の走りでは到底彼らに追いつけないことを悟ります。

そして小野田は再び目標を持つのです。

目を輝かせ、強い思いを持ちます。
その表情に「弱虫」なんか言うものはすでに消えていました。

「今泉と鳴子に追いつく。」

これが小野田の目標になったのでした。

 

★弱虫ペダル動画9話 おわり。

⇒弱虫ペダル動画10話はこちら

9話 感想

今回のレースもものすごかったですね!

本当に感動しました!

自分が普段やっていることって全力出していないな~と
改めて反省させられました。

小野田、今泉、鳴子。

この3人はいつでも本気で戦っていました。
しかも最後の力を一滴も残さないくらい本気です。

「人生ここまでやらないといけない!!」

それを思い起こさせてくれるシーンとなったことは言うまでもありません。

「全力で生きる。」

この大事なことを教えてくれた9話でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

ちなみにこの内容の漫画編はこちらから見ることができます。

⇒弱虫ペダル ネタバレ4巻ウェルカムレース【山岳賞の結果は!?】

絵のタッチも違いますし、漫画特有の臨場感も感じられます^^

画像豊富にアップしたので是非読んでみてくださいね!

ありがとうございました!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


七 − 5 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?