弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル 動画 23話のネタバレと感想!!【RIDE.23 トップスプリンター!!】

スポンサー
弱虫ペダルファンブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弱虫ペダル動画23話のネタバレと感想です!

★前回あらすじ

前回はインターハイが始まるシーンでした!
御堂筋が箱学に勝負を宣言した強烈シーンでした!

前回記事はこちら!

 

トップスプリンター対決!

いよいよレースがスタート!

1日目のコースは海岸線を走る平坦な道のりです。

このコースで活躍するのはスプリンター。

総北で言えば、鳴子と田所です!

1日目で主役を務めるのはこの二人になります!

 

 

さてレース開始直後、鳴子はあることを言います。

「3人でゴールできたら最高やな!!」

鳴子にとってこの3人揃ってゴールすることが
今回のインターハイでの目標でした。

意外にも今泉も人数に入れていることから、
やはり鳴子は今泉のことが好きなのかもしれません。

 

レースも次第に本気モードに入っていきます。

最初の2キロはパレードで走っていきますが、
2キロを過ぎたらいよいよ各校スピードを上げ本気になっていきます!

 

 

そして最初リザルト奪取を目指して
鳴子と田所も集団から一気に抜けます!

この最初のリザルトを取ることが
インターハイを有利に進めるためにとても必要な事です。

 

鳴子と田所は絶対に最初のリザルトを取る決意をするのです。

しかし二人は協調性に欠けてます・・・

 

他校から見ても二人は「俺だ!俺だ!」という喧嘩を見て唖然。

 

二人はお互いに力を合わせるでもなく、
互いにライバルとして走っているのです!

 

これも金城キャプテンの作戦で、
互いに競争させることで普段出せない以上の力を出すだろうという考えのようです。

 

確かにそうでした。

互いに競争し合うことですんなりトップ集団を越すことができたのです!

 

 

泉田搭一郎登場!

すんなりトップに出たと思ったら、やはりそう簡単にレースは運びません。

ここで王者箱根学園がスプリンターを送り込みます。

そのスプリンターは「泉田搭一郎」!

 

彼の特徴は、筋肉バカであることとまつげが長いという事。

この特徴を御堂筋は的確に捉え、
「キンニクマツゲ君」と命名したことがあります。

 

ハコガクのメンバーに入るだけあり、
やはり彼はどこかが違いました。

 

 

 

前のジッパーを開け、筋肉を見せつけるのです。

これに対して田所が、

「なんでお前、ジッパー開けてんだ?」

と聞きますが、それに対して泉田は、

「結構細かいんですね。本気の時はちゃんと閉めますよ」

といいます。

つまり今は本気で走ってないという事が言いたかったようです。

完全に総北を舐めてかかっている様子です。

 

最初のリザルトまでのこりわずかという時も、泉田はジッパーを上げません。

 

「前を閉めなくてもいいみたいですね。」

と不敵な笑みを浮かべ田所と鳴子に伝えるのです。

お前らは相手じゃない!

という事を遠回しに伝えたのでした。

 

★弱虫ペダル 動画 23話 おわり

 

 

感想

泉田登場ですが、彼はあまり目立つ人ではなかったようです。

インターハイ前まではかなりデブでした。

喰って喰って喰いまくってわざとデブになりました。

そしてインターハイに合わせて思いっきり絞ってきたのです。

そして泉田は名言を言います。

「僕自身が筋肉になるんですよ!!」

 

 

この場面はこちらの記事でも詳しく書かせてもらいました!

是非そちらも読んでみてください!

⇒泉田のシュールな一言

ネタバレも含みますんでご注意を!


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


五 − = 2

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?