弱虫ペダルのネタバレ、アニメ無料動画、漫画、DVD、感想、最新情報などをお届けします!

弱虫ペダル ネタバレ 357話【インターハイ2日目始まる!!】

弱虫ペダル スマホで無料今すぐ観れるよ♪

yowamushi

U-NEXTで無料で弱虫ペダルが見れます♪

ぜひ視聴してみてください!

詳しくはこちら>>
2YH2lsI
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
ついにスタートしたインターハイ2日目。
弱虫ペダル最新号357話のレビューを書いていきます!

 

一日目の激闘を懐かしむ間もなく、
ついにスタートしたインターハイ二日目。

 

 

葦木場、御堂筋、鳴子がスタートし、
続いて今泉もスタートを切りました。

 

 

総北だけ二名という多少有利な展開の中、
各チームの駆け引きはすでに始まっていたのでした。

 

 

インターハイは着順という、
1日目のゴールした順番でスタートするルールとなっています。

 

着順特別ルールのため、先頭がゴールしてから3分15秒後にゴールした
坂道たちは遅れてゴールした3分15秒遅れでスタートとなりました。

 

 

もちろん、他のチームはもっと遅いゴールですから、
更に後方からのスタートとなるわけです。

 

 

そのため、このスタートで二日目の勝負が決まる可能性も十分にあるわけです!!

 

昨年は呉の待宮というとんでもない伏兵がいましたが

今年もそういった曲者がいるのか、、、それとも、、、

 

坂道たちがスタートするまで残り10秒。

 

このタイミングで手嶋が坂道に話しかけます。

 

「昨日山で助けてくれてありがとな。おかげでこの景色見れたよ、、、」

 

この景色、、、
そう、手嶋が見れたその景色とは、、、、

 

毛が逆立つほど興奮する
第2ステージのスタートの景色でした!!!!!

 

昨日、真波との勝負の後で一度はリタイヤも覚悟した手嶋。

その手嶋を支え助けた坂道。

 

坂道がいたからこそ、
この景色が見れたと手嶋は感謝を述べます。そして、、

「やっぱ自転車って最高だな」

と一言。

坂道も

「はい!」

と笑顔で答え第二集団順次スタート!!

 

 

第二集団は

総北4名、ハコガク4名のため、互角の人数となっています。

「感謝してるよ二日目こうして自分の足でレースを走れる事実に」

そう話す手嶋に近づく選手が一人。

「あれ?復活したんですね」

「おう真波」

そう、それは昨日手嶋との激闘を繰り広げたハコガク真波でした。

 

「手嶋さん、、、ボロボロだったのに」

「したのは誰だよ」

「はは」

 

「回復させたよ凡人なりにな何とかがんばってな。
ステージレースは、回復がキモだからな」

昨日の激闘がウソのような和やかな会話。

そして

「それは、、、、楽しみですね」

と真波は笑みを残して離れていきました。

 

 

その姿を見ていた坂道は悟りました。

「真波くん嬉しそうだ。二人は昨日闘って全力を出し合って、、、」

「理解したんだきっと」

「昨日の朝は話したこともなかった二人。つないだのは自転車」

「真波くんは手嶋さんがレースに戻ってきたことを喜んでる」

やっぱり自転車ってすごい!!!

 

「行こうこの先何がおこるかわからないけど、、、
この道をたどって二日目のゴールへ!!!」

 

決意も新たに二日目のゴールを目指す坂道。

 

しかし道のりは決して甘いものではありません。

 

「でも簡単にはいかない」

それは坂道も分かっているようです。

 

 

ハコガクの皆さんもゴールを狙ってる

後ろの集団の皆さんも狙ってる

当たり前だそのために走ってるんだ

けれど僕たちは信じて走る

6人全員の力で!!!!

 

昨晩手嶋が出したオーダーは今泉は鳴子と合流

後ろの四人はそれを追走

坂道は全力で山を登り今泉と鳴子に追い付くといった
非常にスタンダードなオーダーでした。

 

昨年と同じですねと言う坂道。

現在の総北の状態を手嶋は説明します。

 

 

「はっきりいって総北はギリギリの状態だ。
だが、、、この二日目総北には二つの有利な条件がある!!」

そう語る手嶋。

ひとつめは先頭に鳴子と今泉の二人がいること。

 

二人いれば他のチームを抑えながらも体力温存が可能なわけで、
その時点で総北にはある程度のアドバンテージがると言えます。

 

二分の一の力で走れることは非常に有利だと言えます。

 

そしてもうひとつは、、、

もうひとつは実は確実じゃない。
ハコガクの動き次第だと手嶋は語ります。

 

山に入ってもしハコガクが足を緩めたら、、、

遠慮なく前へ出て全開で踏め!!
と坂道にオーダーを出していた手嶋。

 

その時がハコガクに先行できるチャンスだ、、、と。

 

 

しかし全く足をゆるめないハコガク。
むしろゆるめず加速するハコガクの選手たち!!

一気に加速して総北を引き離しにかかります。

 

「うっく!すっげ」

思わず手嶋が声を上げます。

 

銅橋や泉田、スプリンターを入れてこの加速、、
やっぱ層が厚いなハコガク

ハコガクの層の厚さを改めて感じ取る手嶋。

 

「遅れるな小野田」

「はい!!」

追いかける坂道たち総北メンバー。

 

 

「逃がすな!!ここで遅れたらせっかく
2人いる先頭もチャンスもすべて水の泡になる」

そう言って檄を飛ばす手嶋。

 

「絶対に追い付くぞ青八木、鏑木、小野田!!!」

(おまえもだぞ手嶋純太!)

自分自身にも喝を入れる手嶋。

足が万全ではないはずですが、それを持ち前の根性と努力でカバーします。

 

 

そんな総北をしり目にハコガクさらに、加速!!

「まぁじすか!」

と叫ぶ鏑木。

 

「逃がすな小野田!!!」

と坂道に言う手嶋。

 

 

「まだだ!!もうすぐだ。
きっとゆるめる速度を。俺ならそうする!!」

!?!?!?

 

俺ならそうするという言葉に驚く坂道たち総北メンバー。

 

何故俺ならそうすると!?そう断言できるのか!?

 

「抜けるかきっかけを作りたい。一瞬でいい前を!」

「そこのカーブを曲がったら全開で引け!!!」

そう坂道に言う手嶋。何故ゆるめることが分かるのか、、、、

そう思った瞬間!!!

 

 

手嶋の言った通り足をゆるめたハコガク!

「行け小野田!!先行するチャンスだ!!」

 

おおああああああああああああ!!!!!!

 

 

雄たけびと共に加速する坂道。
一気にハコガクを置いていきます。

 

 

何故ハコガクが足をゆるめたか、、
そして何故手嶋がそれを分かっていたのか、、、

 

それはハコガクの指揮系統は黒田だということ。

 

そしてこの場にまだ黒田は追いついていないと言うこと。

 

 

そう、ハコガクは足をゆるめてでも
指揮系統を司る黒田を待たなくちゃならない!!

 

 

手嶋はそこまで読んで山での加速を指示したのでした!!!

 

 

計画通りハコガクを引き離すことに成功した、、、、
かに見えたその時!!!!

 

「あ、、、あれ?」

 

 

スピードの上がらない鏑木。そしてついに、、、

 

足が止まる鏑木。
足を地面について止まってしまいました。

 

 

鏑木に何が起きたのか!?
手嶋のオーダーはここで崩れてしまうのか!?

 

 

おすすめ漫画

 


スポンサー


banner1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


5 + 二 =

個人用クリックしないでください
▽   ▽   ▽

Facebook

【メルマガはじめました】
▽   ▽   ▽
登録はこちら♪
mailyowamushi

【投票】あなたの好きな人は?